「酔っ払いが嫌い…」飲食店経営者から見る、酔っ払いの嫌われる理由と心理。そしてその対処法。

「酔っ払いが嫌い…」飲食店経営者から見る、酔っ払いの嫌われる理由と心理。そしてその対処法。 料理人の茶話

酔っ払いが嫌われる理由。

それは、

秩序を保つべく日頃から理性によって抑えられていた感情や本能が、お酒によって解放されるからです。

単純に、

秩序ある人は、秩序がない人とは付き合いづらいものですから。


私は何人もの酔っ払いを見てきた飲食店経営者、ならびにお酒で数々の失敗をした人間の1人でもあります…


「お酒で人がダメになる」というよりは、

「人間なら誰しもが持つ、我慢や遠慮している部分、こだわり、主張したいこと、欲するものが表に出てくる」

ということでもあります。

あ、自分の失敗に言い訳しているわけではなく。

今回は、そんな酔っ払いたちの、嫌な部分、日頃抱える心理、そして対処法をお話していきたいと思います。


まず、なぜ酔っ払うのか、酔っ払うとなぜ日常とちがう言動になるのかを解説します。

なぜ酔っ払うと日常の言動と変わるのか

集客の妨げにもなり得るウザい常連客とは?常連客で賑わうお店

アルコールは通常の飲食物とは違い、少量は胃で、そして小腸上部から吸収されます。

他の飲食物より早いです。

吸収されたアルコールは血中に入り肝臓に運ばれ、そこで分解が始まるのですが、

すぐにはできないため、多くのアルコールはそのまま血液とともに、脳や全身の臓器に向けて送られます。

脳においては、

1、理性をつかさどる場所(大脳新皮質)がまず最初にマヒします。
理性が鈍りはじめ、体感的には軽い酔い心地です。


理性のストッパーが外れると

2、本能や感情をつかさどる場所(大脳辺縁系)の働きが活発になります。
日頃、抑えられていた喜怒哀楽の感情が出やすくなったり、理性的な行動ができなくなってきます。
声や身ぶりが大きくなったり、スキンシップ、秘密にしてた話、大胆なグチが出てきます。


そして、ここからはちょっと深めですが

3、知覚や運動機能を調整する場所(小脳)まで進むと、
ろれつが回らなかったりフラついたり、スマホの操作が円滑にできなくなったりします。カラオケだと歌詞の認識ができなかったりテンポが大きくズレたりしますね。

さらに、

4、記憶の中枢である場所(海馬)まで進むと、
今起きている出来事を記憶できなくなり、何度も同じ話しをしたり、翌日「覚えてない…」となります。いわゆるブラックアウトですね。

ざっくりこんな感じです。

3と4はかなり深くて、人に迷惑かける確率も格段に高まりますね。

今回は、1と2を踏まえた話が中心になります。

酔っ払いのタイプ別にその人の奥を見てみる

なぜ酔っ払うと日常と違う言動になってしまうのかうっすらわかってきたところで、

それを踏まえて、

個人的主観とともに、酔っ払いのタイプ別に

その人の奥底にとどめているものを分析していきます。

陽気になる、よく笑う、楽しくなる人

酔っ払いにはこのタイプが一番多いですね。

とにかく楽しみたい、羽目を外したい、たくさん喋りたい。

人が楽しみや幸せを求めるのは当然のことですが、日頃からそればっかはできません。

個人的には、酔い方としては一番いいかなと思いますが、

自分が楽しくなりたいがゆえに、テンションや意思の違う人を巻き込んだり、悪ふざけや周囲の迷惑を顧みないという厄介さも付きものだったりします。

濃厚なスキンシップ、口説いたり下ネタが始まる人

次に多いのがこのタイプです。

性欲や触れ合いたい気持は誰しもが持つ本能ですが、食欲など他の生理的欲求に比べると、日頃から堂々と欲することができない面でもあります。

個人的に見ても男性のほうが多いですが、女性でも決して珍しい話ではないです。

ある意味、人間らしいっちゃあ人間らしい、とも言えるのですが、なんだかみっともなく映ってしまうのも事実です。

パートナーや家族だったら一番見たくない姿かもしれませんね。

説教、怒る、喧嘩する人

人間関係や、環境、社会への不満、辛さ、そして小さなイラ立ちまで、日頃からコツコツ溜めてしまっている人です。

考え方を変える、違う角度から見る、逃げる、趣味などで忘れる時間を作るなど、消化していくことが上手くできないんだと思います。

そんなストレスの風船(風船自体のサイズは人による)が、日頃から大きく膨らんだ状態なのに、

なおかつお酒によって、表面がより薄くなって割れやすくなっているため、

ワーワーと吐いて圧を抜いたり、人とすれ違っただけの摩擦で割れてしまうのです。




また、日頃も含めすぐ怒る人には、自分は優秀、頭がいい、正義が強い、という人も多いです。

自分の意見や感覚と一致しないものは間違っている。だから、

間違っていることを教えてやる、正す。

という、ちょっと偏った正義ですね。

正義と言うと聞こえが良いですが、正義には悪意がないのが厄介で、

自分の言動を振り返らない、または多角的な視野に乏しい、ということに気付かない限り、なかなか難がある性です。

泣く人

前述の怒る人と心の中身はちょっと似ていて、それが泣くという形で現れます。

涙にはストレス物質が含まれていて、泣くという作業は、

「ストレス物質を排出する=ストレス解消」の効果があるため、人の心身にとって良いことでもあるんです。

特に大人になると、子供のように “心身に負荷がかかったらすぐ泣く” ということができないので

酔っ払って理性がなくなったときに人目もはばからず泣いてしまう…

これについては、泣かせておける環境なら、もうそのまま泣かせときましょう。

涙はずっとは続きませんし、涙を流すと少し気が軽くなるものですから。


日頃から、ストレスの種とは関係のなく、映画など見てあえて泣いてみるだけでもストレスの溜まり具合は違いますから、そうできるといいんですけどね。

自慢、高慢、威圧的な人

自分が上だと示すことで優越感を得る…というのもそうなんですが、ちょっとちがう方向から見ると

例えば、実際にお金持ちでも権力者であってもそこは関係なく、

自分よりも魅力に長けている人がいること、
または、そういう人が現れることに常に恐れや劣等感を持っていて、

人から魅了される人間でなければ、というプレッシャーを抱えている

という側面があるようです。

日頃から自分に対する自信が足りていない、もしくは “自分は自分、人は人” という考え方に乏しく、自分なりの勝手なカーストを作っている人ですね。

弱いものイジメをしてしまう人にこういうタイプが多いです。

第一の対処法は、とにかく「自分を守る」こと

はっきり言って、

すでに酔っ払ってしまった人にピシャリッ!とやる対処法となるとちょっと難しいです。

理性をなくした人はある意味 “無敵” です。

無敵の人にピシャリと攻撃しようとすれば、理不尽であろうと跳ね返ってきて、もっと労力を消費させられる可能性が高いのです。



なので、とにかく自分を守るため の方法を考えます。

「受け流す」
「相手にしない」
「去る・逃げる」
「(お店だったら)店員に対応を求める」
「警察を呼ぶ」

が、その時できる対処法になります。

まぁ、

結局それだけかよ…ってなりますよね。

しかし、多くの酔っ払いに対応してきた私の結論としても

無敵状態の人をどうにかしようとするより、いかに自分を守るか、を考えることが得策と考えます。



それともうひとつ。

人に嫌われるような酔っ払いを擁護するわけではないのですが、

こうやって酔っ払いの奥を見ることによって、家族や身近な人なら

無敵状態でない日頃から、何かケアできることがあるかもしれません。

それもひとつの対処法と言えます。

お酒を飲んだときに出る姿がその人の本性…

間違っていなくもないですが、

秩序を守るために理性で抑えている日頃の姿もまた、本当のその人であるのに間違いないのです。



私もこれを書きつつ自分に言い聞かせ、
ストレスを溜めこまない日常を送れるよう、理性を吹っ飛ばしすぎないよう、
美味しく楽しくお酒を飲みたいな、と思います…



居酒屋、バーの「迷惑に気付かない常連客」マウント、ナンパ、ケンカ、飲食店経営者の悩み



料理人の茶話
鷲たか・ワシタカバーをフォロー
わしたか ノン

飲食店経営歴10年 食生活アドバイザー 薬膳食育師
仕出し、ケータリング、出張調理、イベント、料理講師、映画ドラマ等のロケ弁や炊き出し、多種多様なお仕事をしています。
そのため更新は不定期、コメント欄もありませんがご質問等はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

鷲たか・ワシタカバーをフォロー
washitaka.net
タイトルとURLをコピーしました