「迷惑に気付かない常連客」「うざい常連客」居酒屋、バーのマウント、ナンパお店の悩み

居酒屋、バーの「迷惑に気付かない常連客」マウント、ナンパ、ケンカ、飲食店経営者の悩み 集客術 関連記事

初めに断言しておきますが、
私たち飲食店経営者にとって常連さんは、とてつもなくありがたい存在です。


しかしながら、その中に存在するごく一部の

「迷惑に気付かない常連客」

この方たちに対して、嫌悪感を持つお客様、さらには、悩みやモヤモヤを持つ、飲食店経営者や従事者は本当に多いものです。


お酒の提供がメインの居酒屋やバーは、店員やお客様同士の距離感も近くなりがちです。

店側からは、お客様みなさんそれぞれ飲食を楽しんでいるように見えても、

実は、

あの常連さん面倒くさい…

あの店の常連客は品が悪い、ガラが悪い…

と思われていた…なんて話、ザラにあります。


他のお客様を遠ざけてしまい兼ねない「迷惑に気付かない常連客」

そんな飲食店のあるあると、ちょっとした対処法のお話です。

迷惑その1「自分が一番うえ」

自分がこの中で一番、上であることを知らしめる。

いわゆるマウントですね。

マウントってそもそも、自分の方が優位であることを示す動物の本能。
特にオスに多い特性ですよね。


“男は名刺を出した瞬間に勝負がつく”

先日、テレビ番組でジャーナリストの三木哲夫さんが言ってたんですよ。


それを聞いて思い出しました。

前に知人が “男はそのテリトリーの中で、自分が一位かどうか見ている” と言っていたのを。

特に男性は本能として致し方ない面でもあるのでしょう。

ただ問題なのは、
居合わせた他のお客様に対してマウントし始めること。

・経済力または社会的地位のアピール

・持ち物自慢

あと規模は小さくなりますが、

・そのお店の大常連、先住民アピール。

自慢をする人のほとんどは、間接的、自虐的、遠まわしな言い方をします。

どんな言い方だろうと聞いている方は、自慢やマウントをとりにきてるな、とわかるものです。

なのに、
こぼすように、さりげなく、自己アピールができていると思い込んでいたり、
ヘタしたら自慢であることの自覚すらない、
という面が厄介なのです。

いつまでも続いてしまうからです。

王様にもなっちゃったりするからです。


そして確実に言えるのは、

自慢話やマウントされるのが、好きな人なんて決していないこと。

お客様ってみんな自分が主役なので脇役にさせられることほど気分の悪いことはないのです。

褒めればいいと思ったら大間違い!
接客業必見!「褒めるより喜ばせる言葉」3つ。誰でも使える飲食店経営者の接客会話術。

迷惑その2「店員やお客様を口説く」

店員やお客様を口説く。ナンパ。

恋愛は個人の自由ゆえ、どこまで踏み込んでいいか、実はちょっと難しい問題でもあります。

口説かれている方には

まじウザい…と思っているお客様もいれば

まんざらでもない、お客様もいるもので。


自分の店の従業員がターゲットなら、接触を減らすなり、直接お断りすることもできます。

これがお客様同士となると、相手が本当に嫌がっているかどうかの見極めが難しいんです。

お客様から「あの常連さんに困っている」と言ってくれれば対応できるのですが、周囲の雰囲気への配慮で、嫌でも笑顔で話を合わせている人が大多数なもんでして。

そこに勘違いして、

・ボディタッチ、下ネタ

・連絡先を聞いたり

・店を出るタイミングを合わせてついてったり、もう一軒誘ったり

なんでしょうね、お酒が入れば入るほどヘタになり、しつこくなり…。


「勧誘、ナンパお断り」なんて張り紙を店内に張っているお店もありますから、よくあるトラブルであることは間違いないのです。

人気の生青汁ハイならこちら!
お酒によく合う【生青汁】



飲み屋での出会いの成就率についてこんな記事も書いています。よろしかったらどうぞ。
居酒屋やバーでの1人飲みで、出会いって期待できる?現場を見てきた飲食店経営者が現実をお話します。

迷惑その3「ダル絡み・ケンカ」

とにかくよく絡む人…いますね。
こちらもほとんどはお酒の力があってのこと。

・威圧的だったり、逆にやたらとやさぐれたり

・他のグループの会話が気になると割って入って物申したり

・店員や連れ合いなど止めてくれる人がいると、すぐ食ってかかっちゃうとか

マウント、ナンパよりは少ないトラブルかと思いますが、迷惑度はズバ抜けてトップレベルです。



以前、

お酒を飲むと時々ケンカ騒動を起こしてしまうという人に、なんでそうなっちゃうのか、その時の気持などを深堀ってみたことがあるんですよ。

その人いわく、

日頃 (お酒を飲んでいないとき)から、わりと些細なことでイラっとしたり、怒りを感じやすい性格だと自覚はあるが、まあまあ我慢できているんですって。

だから、お酒こそ楽しく飲みたいんだけど、自分の正義に反する人を見ると、自分が普段我慢していたものぜーんぶ思い出しちゃって
リミッターを超えたようにブチ切れてしまう…

のだと。

お酒は普段隠している部分、抑えている部分を暴くと言われるのも納得です。


しかし、ちょっと余談ですが、
あくまで個人的見解ですけれども感じることがありまして。


お客様のケンカって大半が男性客同士によるものですが、

女性店主や、女性スタッフがメインのお店ほど、発生率が高い感じがするんですよね。

ようするにケンカする人たちも 、周りの人をちゃんと見ているんだろうな、と。

極端言えばですよ、
北斗の拳の “ヤローども”みたいな人たちがいっぱいいたら、いくら頭にきたとはいえ、いくら酔ってたとはいえ、暴れらんないでしょう。

人間って、強敵の前だったり危険地帯などでは、

“闘争か、もしくは逃走か” と、瞬時に察知しシフトする能力があるのですが、酔っ払っていてもその本能が働くんだろうなぁと感じているのです。
 

どうであれ迷惑極まりない話には変わりありませんが。

みんな悪意は無い

みんな悪意は本当に無いんです。

だって少なくとも、そのお店を好きで来続けてくれている方たちなのですから。

本能だったり、本人なりの正義・善意だったりするんですよね。 

だからと言って、
悪意は無いんだから仕方ない…なんて釈迦様のようにはなれないわけで。



だって、

悪意であれば、罪悪感なり反省なりあるんだけど、正義や善意は罪悪感が残らないところが厄介なんですから。

暴力のような罪やルール違反じゃない限り、なにが正しいと決めるのは難しいけど、他の人が嫌がったらやっぱりそれは不正解なんです。

でもお店側が対処できないとお客様は減ってしまいます。

どこまで気付けるか、いかにケアできるか。

お客様はみんな、基本、心地よく飲食したいだけなんです。

だから、どんなに美味しいお店でも、心地よくなければ離れていってしまうんです。

ありがたい存在であるはずの常連さんに、貧乏神になんてなってほしくないじゃないですか。





確実に効果があるのは、
店側が日頃から、ダメなものはダメだとビシッ!とやれる空気感を作っておく。

風格ってやつですね。これに尽きると思うんです。

マウント、ナンパ、ケンカ、こういうお店ではちょっとやりづらいものです。


難しいのは重々承知ですが、

でも、やっぱり人って、状況や環境によって言動が変わったりすること、結構あるじゃないですか。

格式高いお寿司屋さんで、べちゃくちゃ下品な話はしないし、

若いお姉ちゃんばかりのお店だと態度が大きくなったり、

隣の席のお客さんがコワモテの男たちだと、声が小さめになったり。




実は、うちの話をすると、

夜の部の担当がレスラーみたいな人で、おまけにはっきり言うタイプなんですよ。

私がお人好しタイプなのでだいぶレスラーには助けられていますが、
おかげで他のお店から聞くトラブルの数と比べると、うちはかなり少ないんです。

1人で来る女性も多いんですよ。


私は、

冗談を言い合える常連さんならツッコミいれながらエスカレートを阻止できるんですけど、
私自身はビシッ!ビシッ!とやれるタイプではないので、空気を見て話題を変えようとしてみたり、あと相手側のお客様に直接聞いたりします。

お手洗いなど席を離れたタイミングを見計らってコソっと、

「大丈夫ですか?」
「もし良かったらお席変えましょうか?」

と。

大半の方は「大丈夫ですよ!」と言ってくれますが、
「何かあったら言って下さいね」と、“あなたの楽しい時間をお守りしますよ”という姿勢を見せておくのも大切だと思うんです。



以前の記事でも触れたことがありますが

どうしても声に出して注意しにくい場合は、貼り紙もアリだと思います。

勧誘、ナンパ禁止

おごり禁止

他のお客様への迷惑行為禁止、など

自覚の無い迷惑行為への抑止力には一定の効果はあると思います。


とにもかくにも、

迷惑に気づかない常連さんによって、他のお客様が不快になる状況をできるだけ察知して避けることが、常連さんも他のお客様も守ることに繋がっていくのだと思います。

CMでおなじみ!簡単にお店の決済システム導入!
STORES 決済 (旧:Coiney) |お店のキャッシュレスをかんたんに


賞味期限間近の商品を超お得でGET!
訳あり品をお得にお買い物「junijuni」
タイトルとURLをコピーしました