見落としてない?集客の絶対条件「活気と円満のアピール」飲食店経営・集客方法

飲食店の集客方法「活気と円満」は集客の絶対条件。居酒屋、バー。 接客術 関連記事

人間は明るいところに目が行くもの

よく行くスーパーがあるんです。

そこのレジの店員さんのメイクが、下がり眉なんです。

昔の工藤静香さんみたいな困り眉毛。

でも決して無愛想じゃないし、接客も丁寧だし、会計作業もスムーズでなんら問題はありません。

でも、なぜか私は、
その店員さんじゃないレジに並んじゃうんです。

避けてるというほどでは無いんですけど、選べるならなんとなく他の明るい店員さんのほうに。


レジってちょっとしたやり取りあるじゃないですか。

袋いるか、ポイントカードがなんちゃらとか、支払方法どうするかとか。

やり取りのたびに目に入ってくるその店員さんの表情が、なんというか、いぶかしげな顔…苦い顔…

メイクのせいだとわかっているのに、なんか私へんなこと言ったかな?と、こちらも一瞬いぶかしげになってしまうんです。

さらにはこのご時勢のせいか、声をあんまり張らないので、ハキハキ感がなく、
余計その “ けげんさ ” とマッチしてしまう。

買い物自体、いちいち周囲の人なんて気にしていない日常の一コマですが、

人間は、

暗いところと明るいところがあるなら、感覚的に明るいほうに足が向きます。

浮かない雰囲気より活気ある雰囲気のほうに自然と目が行くものです。

活気を見せれば注目度が高まる

活気を見せれば注目度が高まるのは必然的なことです。

例えば、道を歩いていて賑わっているお店を見かけると、それだけで気になりますよね。

どんな魅力がそこにあるのだろうと思わせるからです。


じゃあ、お客様がいっぱいいなきゃ活気アピールはできないのかと言うとそうではなくて、
お客様がまばらでも、従業員がテキパキ動いていたり、笑顔だったり、
店先の看板や装飾、植え込みの手入れをしたり、打ち水をするのも、お客様を迎え入れるための作業ですから、
それだけで躍動感が足されます。

そして、

二階の店舗や中が見えないお店の場合、そもそも入りづらいものですが
店先の看板や装飾などの “言わぬセールスマン” で活気はアピールできます。


以前の記事についてそれに触れています。よろしかったらご覧ください。飲食店の集客方法「入りやすい店作り」の巻。4つの情報を発信して入りにくさを打破しよう!



無料でWEB集客!
店舗の集客にお困りなら【エキテン】

円満な従業員の関係性は心地よい空間作りに必ず一役買う

中の人が良好な関係性であるかどうかは、お店の繁栄をも左右することだと、私の経験上、確信しています。

人間は、そこに気持がなかったり不純が生じると、なかなか良いパフォーマンスができません。

パフォーマンスは全て、お客様の心地よい飲食のためのものです。


私も経験ありますが、

ギスギスした関係は、隠しているつもりでもちょっとした言動からこぼれていたりするものです。

アレやってないのか、コレはまだか、と苛立ちの物言いが聞こえてきたり、
また、何かミスをした従業員が、お客様の見えるところで怒られていたりと、
もう絶対やめたほうがいいですね。

お客様は心地よく飲食したいだけなので、ネガティブな空気はひとつもいらないのです。


みんなが仲が良いと、チームワークが円滑になりパフォーマンスの向上につながり、それは、必ずお客様の心地よい時間にもつながっていきます。

暗いところには悪い霊が寄って来る…?

悪い霊。いたら困ります。

いやいやそんな胡散臭い話じゃないですよ。私は霊とか無縁な人間です。

昔、自称霊感が強いという方に

「よく怒っている人や、すさんでいたり、悲しみ、苦しみなどの負の感情をよく抱えている人に、悪い霊が寄ってきやすい。そして、そういう人が行きやすい、気の暗い場所に居ついたりする」

って話を聞かされたことがあるんです。

私はスピリチュアルのジャンルはあまり興味がないもんで、信じるか信じないかはさておき

ちょっとだけわかる気がするんですよ。…霊、じゃなくて。


なんかイライラしてそうだったり、やさぐれ感が出てる人って

できれば近寄りたくないですよね。

自分が気分よく飲食しているそばで、グチや文句ばかり言っている人がいたり、
会社やめたいよ もう死んじゃいたいよ、と気を病んでる人がいたら
まじ他でやってくれよ…とちょっと気分悪くなりませんか?


感情って連鎖することがあって負の感情は周りも負の感情にし兼ねないんです。


逆に、賑わっているお店は楽しげで、なんだかみんな幸せそうに見えます。

楽しく飲食したい人もまた、自然と活気のあるところを選んで行きます。

そしてまた活気がプラスされ、また人が引き寄せられる。

活気と言うと、わいわいがやがやとした様子をイメージしますよね。

照明の落ち着いた静かなバーでは、イメージが当てはまりにくい言葉かもしれませんが、
オシャレな店内、スローなBGM、グラスやボトルのキラキラ感、パリッときまったバーテンダーもまた、
静かなりにエネルギーがあるものです。



そういう活気やエネルギーに溢れたところには、

悪い霊は… いやいや、負の感情、負の空気は居つきにくいのではないでしょうか。



こんな記事も書いています。
飲食店の接客に大切なこと。理にかなった笑顔の魔法。接客態度で味まで悪く感じるお客様の心理を知る。



LINEを使った従業員のメンタルケア
生産性・パフォーマンス向上に!無料会員あり



お店のブランディング!スタッフのチームワークに!
オリジナルグッズ簡単に作れて販売【ME-Q】


タイトルとURLをコピーしました