お客様が来ないお店には悪い霊がいる?その悪い霊の正体とは…?活気と円満・飲食店の集客術

飲食店の集客方法「活気と円満」は集客の絶対条件。居酒屋、バー。 接客術 関連記事

すいません。タイトルから「霊」とかスピリチュアル感を醸し出しましたが、なんなら私はスピリチュアルが不得意分野なので、霊そのものの話ではなく…。

結論から言うと、「活気と円満のアピール」で、客避けになってしまう悪い霊を寄せ付けない、というようなお話です。

まず、広告費をかけなくても人を自然と引きつけることができる「活気と円満のアピール」という集客術を紹介し、続いて、その悪い霊の正体が何なのか、を解説していきます。

人間は明るいところにどうしても目が行く性質がある

最初にちょっと、私がよく行くスーパーの話しをさせてください。

そこのレジの、とある店員さんのメイクが、下がり眉仕様なんです。昔の工藤静香さんみたいな眉毛。
とはいえ無愛想ではないし、接客も丁寧だし、会計作業もスムーズでなんら問題はありません。
でもなぜか私は、その店員さんじゃないレジに並んでしまうんです。避けてるというほどでは無いんですけど、選べるならなんとなく他の明るい店員さんのほうに行ってしまいます。

なぜかと言うと、レジってちょっとしたやり取りあるじゃないですか。ポイントカードがなんちゃらとか、支払方法どうするかとか。そのやり取りのたびに目に入ってくるその店員さんの表情が、なんというか、けげんな顔、苦い顔なんです。
メイクのせいだとわかっているのに、なんか私へんなこと言ったかな…?と、こちらも一瞬いぶかしくなってしまうんです。
さらにはちょっと落ち着いた感じの店員さんなのでハキハキ感はなく、余計その “ けげんさ ” とマッチしてしまう…。

買い物自体、いちいち周囲の人なんて気にしていない日常の一コマですが、
人間は、暗いところと明るいところがあるなら、感覚的に明るいほうに足が向きます。
浮かない雰囲気より活気ある雰囲気のほうに自然と目が行くものです。

活気を見せれば広告以上に注目度が高まる

活気を見せれば注目度が高まるのは必然的なことです。
ここで言う活気は、明るさや元気さ、動きなどのことを指します。
例えば、道を歩いていて賑わっているお店を見かけると、それだけで気になりますよね。どんな魅力がそこにあるのだろうと思わせてくれるからです。

じゃあ、お客様がいっぱいいなきゃ活気アピールはできないのかと言うとそうではなくて、お客様がまばらでも、スタッフがテキパキ動いていたり、笑顔だったり、店先の掃除や装飾、植え込みの手入れをしたり、打ち水をするのも、お客様を迎え入れるための作業ですから、それだけで躍動感が演出できます。

そして、二階以上の店舗や中が見えないお店の場合、そもそも入りづらいものですが、店先の看板や装飾などの “もの言わぬセールスマン” で活気はアピールできます。SNSも有効ですね。
それについて以前書いた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。飲食店の集客方法「入りやすい店作り」の巻。4つの情報を発信して入りにくさを打破しよう!

無料でWEB集客!
店舗の集客にお困りなら【エキテン】

円満なスタッフの関係性は心地よい空間作りに必ず一役買う

そして、中の人たちが良好な関係性であるかどうかはお店の繁栄をも左右することだと、私も経験上、確信しています。

スタッフや店主は、お客様が心地よく飲食するためのパフォーマンスが重要です。しかし人間は、士気がなかったり不純な気持が生じると、なかなか良いパフォーマンスができないのです。

そして、私も恥ずかしながら経験がありますが、中の人たちがギスギスとした関係だと、お客様の前では隠せているつもりでも、ちょっとした表情やしぐさからこぼれていたりするものです。

さらには、スタッフ間の「アレはまだなの!?」「コレできてないじゃん!」と苛立ちの声が客席にまで聞こえてきたり、
何かミスをしたスタッフがお客様の見えるところで怒られていたりと、いや、もう絶対やめたほうがいいです。

お客様はただ心地よく飲食したいだけなので、ネガティブな空気や情報は何ひとつとしていらないのです。

みんなが仲が良いと、チームワークが円滑になるのは必然。ゆえにパフォーマンスの向上につながり、結果それはお客様の心地よい時間をもたらすことにつながります。

悪い霊の正体とは?

さてここで霊の話しです。

悪い霊。いたら確かに困りますが、そんな胡散臭い話はしません。私は霊とか妖怪とかヒモ男には無縁な人間です。

昔、“ 自称・霊感が強い ” という方にこんな話を聞かされたことがあります。
「怒りや悲しみや苦しみなど、よく負の感情を抱えている人に悪い霊が寄ってくる。そういう人が行きやすい気の暗い場所に霊は居つく」と。

さて、この人に本当に霊感があるのかうんぬんは置いといて、でもちょっとだけその空気がわかる気がするんですよ。

どういうことかと言うと、
お店って、そのお店の空気感に合ったお客様たちが集いますよね。 いわゆる「客層」というものです。

私、近所が小さなスナックだらけということもありよく行くのですが、
例えば、カラオケでいつも賑わっているスナックには歌いたい人が集まってきて、いつも歌声が絶えず賑やか。
物静かなマスターがいる隠れ家のようなお店には、ゆるい会話でまったり飲んでいるお客様ばかり。
70代にさしかかるママさんのお店には、お客様も老紳士が多くカラオケもほどほどに同じ話ばかり幸せそうにしている…。

それを考えると、
「あそこの店はなんか暗い」「客層が良くない」なんて言われるお店には、暗い人や振る舞いの良くないお客様が集まりやすい雰囲気が何かしらあるからなんだと思います。
雰囲気と言ってもいくつもの要素がありますが、わかりやすいイメージで言うと例えば、元気がない、素っ気ない、心がこもっていないような接客、手入れを感じない内観や人の身なり、秩序の薄いお客様たち、などといった感じでしょうか。

そしてまた、感情って連鎖することがあるので、負の感情は周りの人も負の感情にし兼ねないんですね。

そう、悪い霊の正体はこの「負の空気と連鎖」なんです。

逆に、賑わっているお店は楽しげで、なんだかみんな幸せそうなリア充に見えます。気持ちが暗くなっている人はわざわざリア充が多い場所には近づきませんよね。
楽しく飲食をしたい人は自然と活気のあるところを選んで行きます。そしてまた活気がプラスされ、またそこに人が引き寄せられる。

ちなみに活気と言うと、わいわいがやがやとした躍動感をイメージすると思います。
照明の落ち着いた静かなバーでは、躍動感という言葉はしっくりこないかもしれませんが、
オシャレな店内やスタッフ、スローなBGM、グラスやボトルのキラキラ感、小粋なジョークを挟むバーテンダーもまた、静かなりにエネルギーがあるものです。

そういう活気やエネルギーに溢れたところには、
悪い霊は… いやいや、負の空気は居つきにくいのではないでしょうか。


無料会員あり!スタッフの精神衛生向上で元気に仕事を!


いかがでしたか?
活気と円満を築いて、悪い霊を寄せつけない集客方法をご紹介しました。
飲食店の経営の参考に少しでもお役立ていただけたら幸いです。


こんな記事も書いています。
飲食店の接客に大切なこと。理にかなった笑顔の魔法。接客態度で味まで悪く感じるお客様の心理を知る。

お店のブランディング!スタッフのチームワーク向上に!
オリジナルグッズ簡単に作れて販売【ME-Q】


タイトルとURLをコピーしました