集客術 関連記事

集客術 関連記事

ちょっとずるい集客術。繁盛店に見せかけてお客様を引きつける飲食店集客テクニック。

突然ですが、行列ができているお店って気になりませんか?「すごく美味しい店なのだろう」「どんな魅力があるんだろう」なんて引きつけられますよね。これは「多くの人が支持しているもの=良いもの」という認識が人々にあるからでしょう。 うちもイ...
接客術 関連記事

ゴリ押し注意!推されると抵抗したくなる心理から考える販売・誘導テクニック。飲食店集客方法

前回、教え魔についての記事で、人から何か薦められると逆に魅力を感じなくなったり反発したくなる、という心理作用について少し触れました。(その記事はこちら→ 質問1つでうざい教え魔を撃退。教え魔の心理と教えが相手に響かない理由とは?飲...
接客術 関連記事

経営に潜む危険「認知的不協和」を例を踏まえてわかりやすく解説。解消法も紹介します。

人間って、とにもかくにも矛盾だらけの生き物なんです。でも矛盾している状態はとても不快なので、自分の認知を変えて「矛盾ではない状況」を作り、心の安定を図るのです。 わかりやすい例をあげると、 大好きだった人に告白してフラれたとき...
接客術 関連記事

モテるホステスのずるい接客テクニック「お願い上手」がお客様の心を掴む心理とは?飲食店版

今回は、本当に上手な人だ…と思った、あるホステスさんのお話を元に、お客様の心を掴む方法を紹介していこうと思います。 失礼ながら、超絶美人さんというほどでもないし、水をはじくほど若いというわけでもないけど、なかなかモテるというホステス...
接客術 関連記事

あなたのお店のお客様を「良いお客様」にさせる暗示法。迷惑な常連、困ったお客の対処法

あなたのお店のお客様に「この常連さん、ここがちょっと面倒なのよね…」「そう振る舞われると周りもやりづらいんだよな…」と思うお客様、正直いませんか?注意するほどの振る舞いじゃなくても、もしかしたら他のお客様が居心地悪いかもしれない、初めて来...
集客術 関連記事

飲食店の開業前によく考えて!めちゃくちゃ入りにくい「小さな個人の飲食店」集客の難しさ

お客様からすれば「個人の飲食店」って言うだけで入りにくさのレベルが上がります。私自身、個人の飲食店の経営者ですが、知らない個人店は1人ではなかなか入れません… そんな個人の飲食店の中でも、一際入りにくいタイプのお店があります。それは...
集客術 関連記事

客が減った・来なくなった意外な原因「新規客へのアプローチ不足」飲食店の永遠の集客活動

まだ認知度の低いお店でも行列のできるお店でも、開業したときからずっとやり続けなければならないことが「新規客を獲得するための集客活動」です。 これについてはおそらく経営者皆さん、なんとなくでもわかっていると思うんです。なのにだんだん積...
接客術 関連記事

終わり良ければ全て良し。最後にお客様に良い思いをさせるリピート集客術!ピークエンドの法則

飲食店では、お客様が来店されお帰りになるまでの間、お店側は通常通りに対応していても、お客様はこちらが思うよりもいろいろな感情が発生しています。お店の雰囲気、接客対応、料理の味、その他諸々…。不本意にもお客様を困惑させてしまったりイライラさ...
接客術 関連記事

好感度爆上がりの誉め方!さしすせそよりも強力な3つの心理的法則

人は褒められれば誰でも嬉しいものです。 以前、褒め言葉の「さしすせそ」を他の記事で少し紹介していますが、(ちなみにその記事はこちら→接客業必見!「褒めるより喜ばせる言葉」3つ。誰でも使える飲食店経営者の接客会話術)それよりももっと強...
接客術 関連記事

「嫌なお客さん」ムカつく気持ちを抑える方法。ムカつく心理とコントロール法

接客業の方々のお悩みとして常にトップランクに君臨している問題と言えばコレではないでしょうか?「嫌なお客様」「ムカつく常連さん」 お店が不利益を被るようなモンスターであれば、しかるべき対処ができますが、そこまでの害はないんだけど、性格...
料理人の茶話

怒りっぽい人へ。人間関係が壊れる前に試みたいアンガーマネジメント・怒りのコントロール

今回は怒りというネガティブな感情をコントロールする、いわゆる「アンガーマネジメント」のお話です。 怒りが沸かないようにすることは難しいけど、沸いた怒りをある程度コントロールできたら、良好な対人関係、スムーズな問題解決、心身への負担の...
接客術 関連記事

悪用厳禁!「お客様を操る」飲食店経営における「ナッジ理論」の活用法

ナッジ理論とは、命令や強制的に人を動かすのではなく、人が自然とそうするようにそっと仕向ける…という、行動科学から生まれた理論です。そもそもナッジという言葉には「肘でツンツンとつついて促す」という意味があります。 具体的にどんなふうに...
タイトルとURLをコピーしました