飲食店経営は儲かる?儲からない?現役経営者が地獄と言われる飲食業界の現状を話します。

飲食店経営は地獄か?飲食店の厨房 集客術 関連記事

正直に言います。決して楽な仕事ではないです。

いろんな業種の中でも、労働力や労働時間に対する収入が見合ってない経営者がたくさんいる業種だと思います。

儲かるか、儲からないか、で言うなら、
儲かっている店より、大して儲かってない店のほうが多いのは間違いないです。
なぜなら、後ほどお話しする “廃業率の高さ” が、それをきっちり証明しています。

私は飲食店経営を10年以上やらせて頂いてますが、おそらくこの先5年10年やっても安泰という言葉は無縁でしょう。

気を抜けばいつでも簡単に傾くと思っています。
なにかと気苦労の多い職種です。

その理由を次項より解説していきます。

心のプロが不安の解消をサポート。365日24時間。
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

理由その1 とにかく職人なのです。肉体労働なのです。

料理人は職人です。技術職であり肉体労働です。

あくまで「経営者自身が仕入れ、仕込み、調理をする」という一般的に多いタイプの飲食店経営者について話します。

基本、立ち仕事です。ヒマなら座っていられますがそれは理想ではないですよね。

何より労働時間が長いんです。営業時間の他に仕入れ、仕込み、清掃、事務仕事、その他、10時間以上働くなんて当たり前…な経営者がザラにいます。

もちろん従業員を雇えばその労働も分散できますが、大きくのしかかってくる人件費を考えると自分が楽できるほどの人数を雇うなど現実的ではありません。
最小限の従業員とまわしても、そのくらい働いている経営者が多いのです。

そして調理のメインが経営者自身が担当している場合、万が一の体調不良でも代わりがきかず無理して仕事することもあるでしょう。

肉体労働であることは料理人には圧倒的に男性が多いことからも納得できますよね。
実は料理に関しては味覚、臭覚、色覚、技術的にも男性よりも女性のほうが繊細な方が多いとされているんです。
それでもやっぱり料理人は男性の方が多い…それはとどのつまり体力勝負な要素が大きい職種だからということがひとつ言えます。

理由その2 簡単に始められるため競合相手が非常に多い。

飲食店は私たちの生活のごく身近にありますから、ほとんどの人がイメージしやすいお仕事ですよね。

お料理やお菓子作りが得意な方なら一度は憧れた方も多いのではないでしょうか?

そして始めるのにも比較的ハードルが低いことも始めやすさのひとつです。

飲食店の開業には学歴、性別、年齢制限、技術的な資格も必要ありません。(食品衛生責任者という、講習を受けるだけで取得できる資格だけあればいい)

厚生労働省によると、全ての業種から見ても宿泊・飲食サービス業の開業率は常にトップランクにあり参入しやすい業種であることは明白です。
そして都市部の飲食店ほどその競争は激化傾向にあります。

無料でWEB集客したいならこちら!
店舗の集客にお困りなら【エキテン】

理由その3 時代や周りの環境にいちいち影響されやすい。

2020年、誰にも予測できなかったコロナ時代、まさにその象徴ですよね。
その他、景気や少子高齢化はもちろん、周辺の交通環境の変化や区画整理、もっと細かいことを言えば、例えば人気店がひとつ近所にできるだけで受ける影響、近所の大きな会社さんがひとつ移転されるだけで受ける影響などなど、
どうしても何かしらの環境変化がついてまわってきて、いちいち影響を与えていくんです。
その都度、対策を講じて切り抜けていかなければならないのです。

そして近隣の環境変化だけではなく、SNSなどの書き込みも同様です。
真実かどうかはさておき、どこの誰が書いたかわからない内容であっても敏感に反応するお客様はたくさんいます。

ここからはもっと暗くなる話をします。これ以上暗くなりたくない方はどうぞ飛ばしてください(笑)

今時代、飲食店の廃棄率を見てもその経営の厳しさは明確です。
開業2年のうちに約半数のお店が廃業され、
開業5年では約80%のお店が、
開業10年では約95%のお店が廃業されていると言われ、この廃業率はさらに進みとどまるところを知りません。

前述で、開業率の高さをお話ししましたが、実は近年は開業率を廃業率が上回る現象が起きています
大きく言えば、外食産業の景気が悪化していることを示していると言えます。

さらなる追い討ちは、やはりコロナ禍。

帝国データバンクによると、過去10年ほどの全国の飲食店の倒産件数は平均して全国で年間600件台でしたが、2020年は12月時点で800件に迫る勢い、2021年にはさらにそれを超えるとされています。


ネガティブなことを言い出したらキリがない、この業界の現在の実状です。
何ひとつ大袈裟には言っておりません。
だから天国か地獄かどちらかというならそりゃ天国ではないですね。

…でもだとすると、
じゃあなんで皆さんやってるの?
ドMの集まりなの?

そう思いますよね。

飲食店経営は地獄…とも言切りたくないので、それでも利益を生み続けている飲食店経営者の特徴を次回はお話しします。

次回話はこちら
ヤバイ飲食店経営の現状。それでも利益を生み出す飲食店経営者たちの特徴とは?


こんな記事も書いています。
料理人になるには?現役料理人が語る3つの必須条件。料理人に向いている人と向いてない人とは?



集客術 関連記事飲食店経営記事
鷲たか・ワシタカバーをフォロー
鷲 たかこ

ライター 鷲 たかこ (わし たかこ)
飲食店経営歴11年 食生活アドバイザー 薬膳食育師
仕出し、ケータリング、出張調理、イベント、料理講師、映画ドラマ等のロケ弁や炊き出し、多種多様な食のお仕事をしています。
そのため更新は不定期(現在多忙の為、特に更新控えめです)コメント欄もありませんがご質問等はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

鷲たか・ワシタカバーをフォロー
washitaka.net
タイトルとURLをコピーしました