料理人になるには?現役料理人が現場レベルで語る必須条件3つ。料理人に向いている人。

料理人になるには?現役料理人が語る3つの必須条件。料理人に向いている人と向いてない人とは? 料理人の茶話

料理が大好きな人でしたら、一度は料理の仕事を考えた方もいらっしゃると思います。

料理人の私も、やっぱり時々聞かれるこの質問
「料理人になるには何が必要?」
「料理の仕事がしたいけど向いてるのかな…」

今回は料理人という仕事として「有るべき素質」と「無い方がよい素質」についてのお話です。

しかし、料理が得意とか、おもてなしが好きとか、美味しい料理で人を笑顔にしたい、清潔好き、細かな視点を持っている、追求心など、そんな当たり前な条件はあえて省き、現場レベルで本当に必要な条件を3つ、解説しています。

そして料理人といっても幅広くありますが、今回は、自分の店を持ちたい、ある程度主力のポジションにつきたい方に向けた内容となっています。

料理人に向いてる人

いや、向いてるかというよりは、これがないと料理人として務まらないと言っていいくらいの3つの必須条件です。

①体力がある(足腰の強さ、温度差による環境対応)

料理人に必要な素質を聞かれたら、私が真っ先に返す言葉がこの「体力」です。

男社会であることがそもそもそれを物語っていますよね。
座ってやる料理はほぼありませんから、基本立ち仕事です。意外に力仕事もありますし、忙しい時間は全身フル活用です。

さらには、厨房の環境や季節によって、灼熱地獄の中で作業することもあります。
自営や主要な立場になると、代わりがきかないので体調が悪くても休めないこともざらです。
体力に自信がある人じゃないと到底続けることはできない職種なのです。

②こだわりとプライドが強くない

こだわりとプライドが強くない。
一見すると持ち合わせていたほうが良さそうな性質に思えますが、逆から言うと、“お客様の好みに寄せられる柔軟さ、対応力” が欲しいところなのです。

これが美味しいんだ!という揺るがないプライドは今の時代、足かせになりかねません。

料理人なら誰しも経験すると思いますが、自分が自信をもっている料理、絶対喜んでもらえると思っている料理と、お客様が好むものが違かったりすることがあるんですよ。

例えば、手間と時間をかけて作った渾身作より、旬の素材をチャチャッと炒めただけの料理がよく出たり…

「まずはお塩で素材の味を楽しんでください」って言っても、最初はそうしてくれるけど、なんだかんだ皆さん後からソースで食べている…とか。

客層もあるし、土地柄などの環境、季節の影響、ただのタイミングということもあります。
お客様の様子を見ながらそれをいかに汲み取り、材料や味をどう調整していくか。
お客様と自分のズレは、自分のこだわりにしがみついちゃうと、すり寄せが難しいんです。

今時代、飲食店は溢れるほどありますから、お客様はいくらでも自分好みのお店を見つけて移っていきます。
「自分の料理を食べてもらいたい」よりは「お客様の喜ぶものを作りたい」という感覚のほうが息が長いというわけです。

③完全マルチタスク型

マルチタスクとは複数の作業を同時並行でこなす能力のことです。
当然ながら、仕事場ではひとつの料理だけに手をかけることはできません。いくつもの作業を並行し、周囲にもアンテナを張りながら、効率よく進めていきます。

食材や作業手順の変更、他のスタッフとやり取りしながら頭と体を動かし続けます。
さらに、オープンキッチンなどの場合は、そんな作業の最中にお客様の様子を見たり、軽い接客会話にも対応します。

余談ですが、このマルチタスク、実は近年では “失敗率が上がるスキル” とも言われています。
シングルタスク(1つの作業に集中する)のほうが効率の良いとされているんですね。確かにそりゃそうです。
しかし、そうは言っても結局は、厨房という現場ではどうしてもマルチタスクのスキルが必要になります。

慣れもありますが、比較的高度なマルチタスクが必要とされます。



飲食店経営に向いている人の特徴はこちら。
飲食店経営は正直言って難しい。それでも利益を出し続けている人の特徴とは?

お得なランチでディナーへの集客は効果あるか 


お!っとなるご飯のお供 “鮭みそバター” おつまみにも。 材料4つで簡単・美味しい料理人レシピ。

料理人に向いてない人

料理人に向いてない人とは、前述の「向いている人」の逆タイプになります。
①体力に自信がない
②こだわりとプライドが強い
③シングルタスク(シングルタスクとは、ひとつのことを集中してやる能力のことです)

それともうひとつ、次項に。

金銭的妥協ができない

今は労働基準が見直されている時代なので、ブラックな労働環境もだいぶ減ってきましたが、労働と給料が見合わないと感じている料理人も少なくありません。
最初のうちは特にです。

もちろん、店・会社の規模やポジションによって違うので、全体的に収入の低い職種というわけではありませんが、労働内容から考える収入としては見合わないことに、辞めていく人が多いのもこの職種の特徴でもあります。

また、自身で経営する場合も、利益を優先に考える人は、お客様目線の集客を考えるよりも先に、原価を抑えたり、売値を上げたり、回転率をあげることを重視してしまいます。

そうすると価格と品質に差が表れてしまい、いずれお客様は離れていってしまうことになります。お客様は飲食店に対する損得勘定に対しては、なかなか敏感なものですから。

仕事はお金を稼ぐことが大前提ですから、お金のことを考えるのは当然のことです。
でも、時代とともに浮き沈みの激しい業界となっていますから「苦労せず儲けたい」は、なかなか叶わないのが料理人の仕事とも言えます。

プロ御用達!安心、安全、ヘルシーなお肉を年中無休でお届け!
スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】

調理師免許について

食生活アドバイザー。独学取得から仕事での実用性について

すでにご存知かと思いますが、
調理師免許はなくても料理人の仕事はできます。

国家資格である調理師免許は、給食センターなど特定の調理施設、また、普通の飲食店でも調理師免許所持者限定、もしくは採用優先という基準をもっている所はあります。

ちなみに私の周りの料理人の方たちは、個人経営の飲食店の方もお勤めの方もいますが、調理師免許を持っている方は2~3割くらいですね。

ちなみに私は、
「食生活アドバイザー」という民間資格を持っていますが、これはスキルのアピール程度のものですね。フードコーディネーターとか野菜ソムリエと同じ、いずれも国家資格ではありませんが「ちょっとその道に詳しい人」くらいの認識をしてもらえる、ささやかな肩書きです。
履歴書の資格欄にも書けませんし(いや、書こうと思えば書くのは自由だけど)就職が有利になることもまずないと言っていいと思います。

食生活アドバイザーについては、こんな記事も書いているのでもし興味がありましたらご覧ください。
食生活アドバイザー 資格所持者の私が独学取得から仕事での実用性までお話します。



最後に、これちょっと女性向けではあるのですが、
在宅で食の仕事がしたい方向けのオンラインスクールがあるのでご紹介しておきますね。
フードライター、フードブロガー、料理動画クリエイター、オンライン料理教室講師などフードクリエイターの養成スクールです。
好きな「食」を活かし、PC1つで働けるスキルを取得し、時間や場所、ライフステージの変化に縛られない働き方が学べます。ご興味ある方は覗いてみてはどうでしょうか。

在宅で食のお仕事をするための学び
食のクリエイティブスクールMia



あの100HOURS CURRYの美味しいカレーをご自宅でも!
日本最大級カレーグランプリ史上初のV2を達成した100時間カレー!その美味しさを詰め込んだレトルトカレーを作り上げました。
タイトルとURLをコピーしました