人間は群れる生き物。お店と地域との関係性は経営を左右する。地域と上手な付き合い方。

入りやすい店作り。立て看板やポップなどでお店をアピール 接客術 関連記事

飲食店の経営には、当然ながら集客や営業方法が重要なのですが、ないがしろにできないのが地域や周囲の人たちとの関係性です。

地域性にもよりますが、経営を左右すると言ってもいいと思います。

以前、スタッフや関係者との円満が、集客において重要であることを書きました。

(ちなみにその記事はこちらですのでよろしかったら後ほど見てみてください)→見落としてない?集客の絶対条件「活気と円満のアピール」飲食店経営・集客方法

地域に対しても同じで、お店という箱をその地域にどーんと置いて営業していくのですから、付き合いとか、助け合いとか、なんとなく付き物であるのは少なからず理解はあると思います。
まぁでも正直、面倒くさいときもありますよね。それ抜きでやっていけたら…と思っている経営者さんもいることでしょう。

しかし、
人のそもそもの性質を知ると、 そんななんとなく義務感のようにやっている方でも、少しはポジティブに考えられたり、納得して付き合っていくことができると思います。
消極的な方でも積極的になるかも知れません。

今回はそんな、人間の性質を元に地域との交流の重要性をお話していきたいと思います。

人間は本能的に群れる生き物

飲食店の集客方法イベントは集客の強い味方。セミナーの参加

なぜ、地域や周囲の人との関係性の構築をないがしろにしないほうが良いのかというと、
人間は基本、生きるために群れる性質をもった生き物であるからです。

まずこれを解説します。

しかしながら、なんといってもこの “ 群れ ”って言葉、なぜかいい感じがしない言葉ですよね。

トイレも一緒に行く女子グループとか、会社の面倒な派閥しがらみとか…

「おまえいつも群れてんなぁ」なんて言われたら、軽くディスられてる感じしますよね。

なんでしょうね、弱いもの同士が集まって安心感や力を成していく、そんなイメージと言ったところでしょうか。

でもですね、
群れというのは本来、人が治安を乱さず生きやすくするために養われている本能ですので、全く悪いことではないのですよ。そこに所属していることが弱さの証というわけでもありませんし。

動物最強説のゾウやカバも群れの生き物ですけど「あいつら群れてんなー。よえーなー。」とはなりませんよね。

そして、
「自分は群れるのが嫌いだ」「あいつは一匹狼だ」みたいなこと言う人もちょいちょいいますけど、
この社会の中でどんな群れにも属さず完全孤高の人間なんてそうそういるものではありません。
友人や同僚などごく身近な小さい群れに属さないという人くらいならまあまあいるかもしれませんが。

人間に当てはめるとそんなネガティブなイメージの “ 群れ ” ですが、生きるために養われているのですから当然、利点もいっぱいあるんですよ。

群れの仲間には強い愛情を持ち、手を取り合って協力し、みんなが生きやすいように互いに守り合います

災害や有事のときに、特に深まる「絆」なんてまさにそうですね。

飲食店でいえば、
例えば同業同士であっても、本来ならライバルのはずなのに自分のお客様を紹介してくれたり、有益な情報がもらえたり、困った時に助けてくれたりします。

しかしその愛情は、厄介な側面も常に持ち合わせています

それは、同じ方向を向かいない者、みんなと異なる者に対しては、攻撃や制裁の対象に発展してしまうこと。
群れの中ではそんな “ 違う者 ” を排除していかなければ、群れの秩序や安全性が脅かされるからです。
イジメやSNS等の炎上はまさにこの性質から起こる現象ですね。

それは相手が正しい正しくないに関わらず、“ 群れの総意にそぐわない者 ” ということです。

なんだか醜さが垣間見えますが、しかし誰もが多かれ少なかれ持っている性質です。
移民の少ない島国の民族である日本人は特に強い性質だと言われています。


「孤高」「一匹狼」など、一見カッコ良い響きでもありますが、生半可な精神力では生きていくことができません。(少なくとも私は本物を見たことありません)
上記のように人間は群れて生きていくように作られた生き物ですからね。



直近でいえばコロナ禍においてはかなり顕著に表れたのではないでしょうか?

著名人が共に乗り越えよう!と言えば多くの人が賛同し励ましあい、
医療従事者や関連業者にエールや拍手を送り、
ステイホームを乗り切る知恵や、感染に関する情報を提供しあう。
まさに群れならではの協力の精神ですよね。

しかし、多くの人が感染拡大防止に取り組む中、マスクしていない人や営業しているお店は、非難を受けたりSNSで晒されたり、誹謗中傷の貼り紙をされたり…。自粛警察、他県ナンバー狩りなんてのもありましたね。

私が聞いた飲食店さんでも実際に、度々警察に通報されたり、その界隈の商業者や住民などから嫌がらせを受けるなどあったそうです。

そういう人間たちで営まれている社会の中に私たちはいて、
飲食店はそういう人間たちを直に相手にして展開していく業種なので、
この群れの習性はお店が生き抜くためにも、大きなポイントになるとも言えるのです。

賞味期限間近、旧パッケージ商品をお得に!財布と地球に優しい!
社会貢献型ショッピングサイト「junijuni sponsored by TOKYO GAS」

「敵」じゃない付き合い方

飲食店って、基本的には食事や娯楽の空間をお客様に提供するのが主な仕事ですが
前述までの人間の群れの性質というものわかれば、
近隣商業や地域住民との交流、協力も大事なんだということは理解してもらえると思います。

飲食店を経営される方には、それなりの社交性を持ち合わせている方も多いと思います。
積極的にいろんなところに顔を出したり、人との交流を図ったりできればそれに越したことはないのですが、
中には人見知りだったり、対人に緊張してしまう人もいますよね。でもそこはそんな大きな問題ではないと思います。

というのは、
群れは、はみ出し者を排除したがるので、簡単に言っちゃえば “ はみ出さなければ良い ” ということですから。

逆を言えば、交流が得意な人であっても、その群れから逸脱した性質の持ち主では警戒されかねないわけです。

ようするに
「敵ではない」が大前提です。

間違ってはいけないのは、
仲間たちにイイ顔して歩調を合わせてついていこう…ということではないですからね。あ、いや、それが得意な方なら問題ないのですが。


具体的な例としては、

自治会や商工会に加入するのもアリだし、地域の見守りや清掃、まちづくり事業など参加したり、食材や飲料の仕入れも地元商店を利用したり、SNSでのネットワークなんかもそうですね。

自分の要領でできる交流を心からおすすめします。
人ありきの商売ですからね。


ちょっと余談ですが、
以前見かけたSNSだったかブログだったかの話しです。
自身のお店がある商店街への寄付について書かれている方がいましてね、
寄付は義務じゃないし使途がよくわからないからスルーしていたら、自分のところにだけ催事への招致が来なかったのだとか。
のちに、自分以外の商業者はみんな寄付していたことを知り、少額でも寄付するべきだったのか?とモヤモヤ自問自答している。
という内容でした。

こんなふうに、みんなやっていることを1人だけやらない、という事に、変に反応してしまうんですよね。

もちろん、突き詰めて言えば、
寄付じゃなくて会費にすればいいのに…
寄付は任意なんだから抗議すべき…
という理論は尽きないのですが、理論だけで片付けられないその群れならではの暗黙ルールみたいなものもあるわけです。

その地域に馴染むなり、異議を唱えて改革を試みるなり、それはその人の精神力と技量によります。

ただ、本能で群れる生き物の社会に、私たちは死ぬまでいるということを頭のすみっこにでも置いておき、
地域とは上手にお付き合いしていって欲しいなと思います。


さて、
ここまで書いて、最後にちゃんと言っておかなければならないのは、

先ほど挙げた「敵」「はみ出し者」は決して「悪い人ということではない」ってことです。そもそも個性なので善悪を決めるものではないんですね。そういう人たちの生き方があるということです。

多様な時代ですから、群れの在り方も少しずつ形を変えていくかもしれませんが、
群れの性質がなくなることはおそらくないでしょう。





小さくとも点々と。自分とお店の存在を示していく集客方法。
飲食店の集客方法「自分を売る」の巻。多くのひとに自分の存在を知ってもらおう。

タイトルとURLをコピーしました