飲食店の集客方法「酔ったときに食べたくなる食べ物」の巻。飲食店のメニュー作りの参考に。

飲食店の集客方法「酔ったときに食べたくなる食べ物」の巻。飲食店のメニュー作りの参考に。メニュー表 集客術 関連記事

仕事でもプライベートでも、お酒を飲んでいる多くの人たちを目の前にするもんで

ついつい観察してしまう嫌なヤツなんですけれども私、

今回はそんな観察の中、常々感じていた、 

「お酒が進んできた時に、ソウルフード的な料理を欲しがる人がどうも多い」

というお話。



お酒を飲んだとき、しょっぱいもの、味の濃いものが食べたくなると言われますが

なんだか、ただそれだけじゃないと考えます。


あくまで個人的経験談ではありますが、

特に、お酒の提供を伴う飲食店、居酒屋や小料理屋などのメニュー作りの際は、参考にして頂ければ幸いです。

そもそもお酒を飲むと味が濃いものを欲する理由とは?

そもそも、お酒を飲むとしょっぱいもの、味の濃いものがなぜ食べたくなるのか?

ひとつはアルコールによる利尿作用で、体内の塩分濃度が薄くなるため、塩分を欲する、

これはまあ分かります。

他に、

アルコールの分解のために亜鉛が消費されることによって、味覚に重要な亜鉛が減り、味覚に支障がでる、というのもよく言われている話ではあるものの、

そもそも味覚自体、まだまだ未解明な部分があるようです。

ただ、飲酒によって塩気を好むことに限らず、5つの基本味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)の判別が鈍る傾向があることには、間違いないようです。



そうなると、冒頭に言った「お酒が進んできた時に、ソウルフード的な料理を欲しがる人がどうも多い」というのも

ちょっと腑に落ちるんです。

お酒を飲むと、塩気というよりは「わかりやすい味」を好む

: にんにく料理の後の臭い消し。時間によって変わる消臭方法。ねぎ、ニラ、らっきょうなども。餃子。

何が腑に落ちたかと言うと

お酒を飲んでいる方たちが、好んで食べる料理(注文やリクエスト)を見ていると、

ただ、しょっぱいもの、味の濃いものを欲するというよりは

子供が好きそうな味というか、庶民の馴染みの味というか、わかりやすくはっきりした味を好む傾向があるということなんです。


ごく一部ですが具体的にあげると

ラーメン、生姜焼き、焼肉、ピザ、餃子、カレー、唐揚げ、ポテトフライ、チョコ、アイス、

のように、日本人のソウルフードとも呼んでもいいくらい、幼い頃から馴染み深い、みんなが大好きな料理です。

名前だけで鮮明にイメージできる料理ですね。

例えば、

なにかご飯ものを食べたくなったときに

リゾットやガパオライスよりは、チャーハンやおにぎり

なにかさっぱりしたもの食べたくなったら

いろいろと入った和え物よりは、白菜やキュウリなどのつけもの

みたいな感じです。


お酒のあとのシメに、ラーメンが食べたくなる理由はこちらにも書いているのでよろしかったら読んでみてください。
お酒を飲んだ後、なぜラーメンなのか?”しめのラーメンが食べたくなる謎。



お酒の飲み始めは、食に対して意欲が沸くのでいろんなものが食べたくなります。

そのお店の名物料理、初めての料理にも興味を持ったり、体のこと考えてサラダ頼んだり…

しかし、

お酒が進むほど、目新しい料理やオシャレな料理、初挑戦の料理など、これといって欲さなくなり、

馴れ親しんだ味に帰ってくる、みたいな。



なので、

“お酒を飲むことによって味覚の判別が鈍る” ということを考えると、

上に挙げたようなソウルフード的な、わかりやすい料理が好まれるのが納得なんですよね。


複雑な風味より、一口で主張がわかる味付け

そして、

しょうゆ味、ソース味、塩味、味噌味、ケチャップ味、マヨネーズ味、チーズ味、カレー味、にんにく味と、

何味かわかりやすい、そんなハッキリ味の料理も喜ばれるんですよ。



これは実際に私が、宴会などのケータリングや、ホームパーティなどの経験から実感していることなのですが、

ナポリタンならちょっとケチャップ多めにいれたり、

焼きうどんなんかソースとしょうゆの両方使うことがありますが、どちらかにはっきりと寄せたり、

唐揚げはにんにくをガッツリきせるとか、

塩味を強くする、というよりは

何かひとつ際立つ、主役の味がある料理ですね。

酔い心地のお客様に何か振舞ったりするときは、これを意識しています。



複雑な風味より、一口で主張がわかる味付けがウケるというのも、

やはり、“お酒を飲むことによって味覚の判別が鈍る”ということの表れではないかと

勝手に紐付けております。

サイドメニューにソウルフード的な料理を置いてポイントアップ

お店の色や看板である創作料理は、

おそらくお酒の飲み始め、食欲を刺激されている状態のお客様には

なんでも魅力的に移り、いろいろと興味を持ってもらえると思います。


それ以外に、

ちょっとお酒が進んできた時に、

深く考えさせない安心の味、日本人の慣れ親しんだ味、

サイドメニューにそんな料理を置いてみるのも、ゆっくり飲んでいってもらえるポイントになるかもしれませんね。



「そんなのどこでも食べれるじゃん」的な料理は、

ニーズが高いからこそ、どこでも食べれるほど存在しているわけですから。


もちろん、好みや体調による個人差もあるので一概ではありませんが

どうも、お酒が進んできた時にソウルフード的な料理を欲しがる人が多いようだ、

というお話でした。



最後に、飲食店におすすめのお酒ショップをご紹介しますね。

WAKAZEはパリや三軒茶屋、山形に酒造を置く斬新な日本酒のお店で、ミシュラン星付きレストランにも採用されている実績があります。
私が好きなのは、ワイン樽熟成日本酒。スモーキーさとフルーティーさが日本酒としては独特で絶妙です。洗練されたボトルデザイン、見ているだけでもワクワクするお店です。 よろしかったら!

WAKAZEオンラインストア



仏ベスト・ソムリエ厳選ワインをウォーター・サーバのように注いで楽しめる!
BiBoViNo(ビボヴィーノ)日本初上陸



ちょっと健康を意識する酒飲みたちに、人気の青汁ハイはこれ!お酒によく合う【生青汁】
集客術 関連記事
鷲たか・ワシタカバーをフォロー
わしたか ノン

飲食店経営歴10年 食生活アドバイザー 薬膳食育師
仕出し、ケータリング、出張調理、イベント、料理講師、映画ドラマ等のロケ弁や炊き出し、多種多様なお仕事をしています。
そのため更新は不定期、コメント欄もありませんがご質問等はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

鷲たか・ワシタカバーをフォロー
washitaka.net
タイトルとURLをコピーしました