居酒屋やバーでの1人飲みで、出会いって期待できる?現場を見てきた飲食店経営者が現実をお話します。

居酒屋やバーでの1人飲みで出会いは期待できるか? 料理人の茶話

出会いが無いとは言わない。でも…

1人飲みといえば男性が主でしたが、今の時代、女性のお一人様も珍しくなくなりました。

1人の時間を楽しむ人もいれば、お店の人や常連さんたちと他愛もないお喋りを楽しむ人もいます。


飲食店経営者としてはこう思うのです。

自分のお店で知り合った二人が

恋に落ち、愛を育み、結婚…

なんて素敵な話でしょう、と。


しかし、あらゆる“現場”を見てきた私としては、

1人飲みでの出会いに関して

仕事、学校、通いごと、知人を介して…など数々の出会いの場の中でも、成就率ははるかに下がるステージだなぁ なんて思うのです。



正直、これだけ接客をやっていると少なからず

人間模様や行動心理が見えてきてしまう能力がつきます。

今日はそんな立場の私から現実的なお話をしたいと思います。

恋愛成就より、玉砕やトラブルのほうが圧倒的大多数。

玉砕やトラブルのほうが多い…

そりゃそーかなと思いますよ。

だって、

お酒が入ったことで、その人なりの理性が大なり小なり緩んでいる空間ですからね。

お酒のおかげで勢いは増すかもしれません。

実際、お客様同志がいい感じになっている様子も度々見かけます。

でも、

やっぱりお酒は、理性で抑えられてた面倒な部分も表に出てきやすいんです。



普段ならオブラートに包む言動も、遠慮がなくなったりするもので

楽しく喋っていたはずが、

実は相手をイライラさせていた…なんて

お酒の場では、もう本当によくある風景ですから。


理性が緩むという隙を狙うおうとすれば、リスクもなかなか高まるということを認識しておいた方が良いですよ。

実際よくあるパターンはこんな感じです


実によく見るパターンがこれです。



男性客と女性客の話が盛り上がる

なんだかいけそうな気がする~

男性客は口説きのジャブが始まる

女性客は笑顔でガード

男性客は女性客の笑顔は見えるがガードは見えない

後日、

面倒くさいと思った女性客が来なくなるか

口説き失敗した男性客がプライド的に来なくなる




お店側からしてもトホホな案件です。

お酒を提供する飲食店のあるあるとしては代表パターンと言ってもいいです。

みんな楽しく飲みたいから、他のお客様に話しかけられても大半の方は話を合わせてくれます。

特に女性の場合、場を気遣ったり愛想の良い方が多いんです。

男性客はその愛想に期待が高まりますが、実は女性客とは大きな温度差が生じている

ということですね。


いや、これでは男性客がタチ悪い感じになってますが


女性客にも時々こんなタイプの方を見かけます。

ご馳走狙いで男性客に近づいてくる…という。



そもそもお一人様の女性客は、男性客に比べるとまだまだ少ないので

わりと目立つんですよね。やっぱり“華”とでも言いますか。

お店の人も他のお客様たちも、なんとなく放っとけない感があるんです。

それをよくわかっていらっしゃる方たちですね。

コミュニケーション力が抜群で、男性の見栄やプライドを上手に刺激してきます。

男性客からお酒や料理をご馳走してもらったり、お会計すべておごってもらったり

それで目標達成ですので

美味しくお酒を頂いたら気持いいほどさっぱりと帰ります。

不本意ながらも雰囲気的にご馳走する男性客もいるので

その後は警戒したり、関わりを避けようとするのも必然となります。

1人飲みは“出会いを期待をしない”のが身のためでもあります。

お酒の提供が伴う飲食店では、

お一人様お断りのお店もあります。

ナンパ、勧誘営業禁止というお店、

おごりおごられ禁止、というお店もあります。


このことからも、お酒の場ではこのようなトラブルは珍しくないということがわかります。

あんまり色的な期待は持たずに

美味しい料理・お酒を気ままに味わいたい

お店の雰囲気を楽しみたい

そんなラフな気持で、居心地の良い1人飲みの空間を見つけてください。



現場からは以上です。



出会いを求めている者同志!
みんなでワイワイ合コンも、1対1の恋活も!
参加者100万人突破!日本最大級の合コンセッティングサービス【コンパde恋ぷらん】




モテるおじさんに共通する7つの特徴。中年男性でもモテる人ってこんな感じです。

料理人の茶話
鷲たか・ワシタカバーをフォロー
わしたか ノン

飲食店経営歴10年 食生活アドバイザー 薬膳食育師
仕出し、ケータリング、出張調理、イベント、料理講師、映画ドラマ等のロケ弁や炊き出し、多種多様なお仕事をしています。
そのため更新は不定期、コメント欄もありませんがご質問等はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

鷲たか・ワシタカバーをフォロー
washitaka.net
タイトルとURLをコピーしました