なぜ、しめはラーメンなのか?お酒を飲んだ後、ラーメンが食べたくなる謎。

お酒を飲んだ後のしめのラーメン 料理人の茶話

お酒を飲んだあとの“しめのラーメン”ちゃんと体が欲する理由があるんです。
今回のお話はそんなお酒あるあるの雑学ネタです。

お酒に弱い黄色人種

まず、黒人白人に比べると黄色人種はお酒に弱いのはご存知ですよね。
そもそも何が違うのか?簡単に言うとお酒を飲んだ後に発生する悪酔い物質を代謝するための酵素の能力の差で、人種的な遺伝によるものです。

私たちはお酒を飲むとき何かしらおつまみを考えますよね。お酒とおつまみはセット、これは私たちの体質にとって上手なお酒の飲み方として大変有効ですが、黒人白人はこの概念があまりないんです。おつまみはあってもナッツなどの軽いもので十分飲めてしまいます。

以前、知人(日本人)が留学中、アメリカ人のホームパーティーに参加したら、食べ物があまりなくお腹がすいて悪酔いしたという話を聞きました。まさに体質による文化の違いですね。

ようするにおつまみ自体、代謝に必要な栄養を補いながら飲み続ける、お酒に弱い人種ゆえの習慣といえます。

ラーメン

しめのラーメンは飲酒によって不足したものを補おうとする体の欲求

大きな要因としては、やはり血糖値が下がることにあります。お酒を飲んでいると悪酔い物質を代謝する過程で糖が不足していくからです。また、お酒の利尿作用によりミネラルなどが排出されます。利尿作用は体温も下がりやすくさせます。

そうくると体は、血糖値を上げるための炭水化物、流れてしまった塩分などのミネラル、体を温めるものを求めてきます。

これらの条件を満たす食べ物がラーメンというわけです。

お酒と一緒に何かちょこちょことおつまみをつまんでいて、そんなにお腹が空いている感じでもないのになぜかラーメンを食べたくなりますよね。それはそのお酒とおつまみでは糖が足りていないために起こった血糖値の低下が大きな要因です。「それじゃなくて炭水化物を摂ってくれよ!」と体が言っているのです。

しかしそれなら、なにもラーメンじゃなくても、うどんやそば、丼もの、お茶漬けなんかでもいいですよね。実際にそれをしめとして好む方もたくさんいらっしゃいますし。

うどんでもいいのにラーメンが“しめ”の代表になった理由

なぜラーメンがしめとして定着したのか?

昔は現在のように深夜まで、または24時間やっている飲食店が少なく、駅や繁華街などの至るところに屋台のラーメン屋が点在していました。そのため、飲んだあとの帰りに寄りやすく“お酒のあとはラーメン”というイメージとして定着していったのではと言われています。飲み疲れであんまり噛まずにスルスル食べれるとか、家庭にもインスタント麺がストックしてありいつでも食べれたなどの理由もいろいろあるようですが…

糖の吸収の早さでいうなら、中華麺よりうどんの方が優れているので、もしこの時代に屋台のうどんやが流行っていたら今頃“しめはうどん”になっていたかもしれませんね。

お酒に強い海外の人は“しめ”がないのか

必ずしもそうではありません。遺伝子的にお酒に強い人種にはそもそも“しめ”という概念ではないようですが、お酒を飲んだあとに何かを食べる人はわりといます。

アメリカやイギリスだとピザやハンバーガーやチップス、ヨーロッパだとチョコレートや甘いものも聞きます。東南アジアではケバブや焼き鳥のような焼いたお肉、などなどやはりその国々のポピュラーな食べ物が多いようです。

あと、私たちのように、明日は仕事だから…休みだから…と、常に翌日の予定と隣り合わせでお酒の量を加減する感覚は薄いみたいですね。二日酔いはあるにしろダメージが軽いのか、翌日の朝食をしっかり食べて元気に!と、飲酒後に食べるものよりも翌日の食事に重きを置く方も少なくありません。

家で本格的ビーフカレーを食べたいならこちら!
日本最大級カレーグランプリ史上初のV2を達成した100時間カレー!その美味しさを詰め込んだレトルトカレーを作り上げました。



個人的には、あまり胃が強い方ではないので、飲みあがりにラーメンなんて翌日の胃もたれ確定なのでほとんど食べないのですが、翌日の最初のご飯にお茶漬けを食べると胃が落ち着くんです。
塩昆布のお茶漬けか、根昆布だしをたらしただけのお茶漬け(もうお茶漬けと呼んでよいのかどうか…)なんですけど、下に紹介する根昆布だしはお茶漬けどころか一本あると料理が格段にレベルアップする液体の昆布だしで、かなり推しなので貼っておきますね。良かったらお試しください。



こんな記事も書いています。
勝手に出される謎のお通し文化…「お通しはいらない、断れる?」

体にいい!でもすごく美味しい!
お酒によく合う【生青汁】

タイトルとURLをコピーしました