「それ大事?」付き合い・接待という遊びの免罪符。飲食店経営者の彼女・奥様のお悩み心配事。

飲食店の彼女・奥様の心配ごと。お付き合い、営業、接待という遊びの免罪符。経営者とお客様。 料理人の茶話

深夜、知人の飲み屋で “ 料理店の店主とお付き合いしているという女性 ” からこんな心配ごとポロリと…
「彼氏はとにかく付き合いと言っては飲みに行ったりゴルフに行ったりすることが多い。
特にその相手が女性だと本当に仕事上のお付き合いなのか不安になる」

もうね、この手の商売のあるあるですね。これでダメになったカップルも珍しくないですし。

今回の話は飲食店経営者の“付き合い”というものについて悩める彼女や奥様へ、私、女の経営者ではありますがお付き合いに対する個人的見解と、健全なお付き合いをしているだろう経営者の特徴も3つ、解説しています。

いろんな人がいるもんで、結局、この話には大した着地点はないことを前もってお伝えしておきますね。

でも、付き合いは本当に大切なんです。

まずはこの付き合いというもの。
お店の繁栄においても大切なことのひとつだと言うことを女の私からも心から伝えておきます。

「付き合い」の他にも「営業」「接待」とも言ったりしますが、ここにある程度の理解が持てなければ、ケンカばかりの交際や結婚生活になっちゃうんじゃないかなと思います。

飲食店に限らず、ビジネスの根底は「人と人」なので、人脈が広ければ広いほど経営に良い影響をもたらすのは確かです。

付き合いは、経営に切り離せない営業活動だと言っていいと思います。もちろん、付き合いがなければ経営が出来ない、とは言いません。
でも私が知っている経営者には、付き合いなどの営業活動していない方はあんまりいないですね。
頻度は人によってまちまちですが、少なからずみんな当たり前のようにやっています。

そして、お店とお客様の距離感が近いお店ほど付き合いの傾向は強いと思います。

モヤモヤするのは付き合いという免罪符ではないですか?

飲食店経営者の彼女や奥様は、そんな付き合いというものに一定の理解をちゃんともっているんですよね。

何にモヤモヤするのかというと「ただ遊びたいだけじゃないか?」「お気に入りの女性と会ってるんじゃないか?」ということだと思うんですよ。

「付き合いだからしょうがない」の言葉。それ以上踏み込めないだろう免罪符、文句を言わせないための印籠…
この言葉を私欲のための盾のように使っているであろう相手にモヤモヤするわけです。

でも実は相手からすると、彼女や奥様を心配させたくない、余計な揉め事を起こしたくない…
という、円満な関係を壊さないための言葉だったりもするんですよ。

人間ですから、特にお酒が絡むと羽目を外すこともどうしても否めませんが、
基本、健全な付き合いをしている(であろう)経営者の特徴を私なりに思うことを次にちょっとだけ挙げてみますね。

上手な付き合いをしている経営者の3つの特徴

同業者の私の完全な私的データではありますが、こんな感じの上手な付き合いをしている経営者なら、健全度が高だろう…という3つの特徴を紹介します。

1、付き合いはいろんな相手と、いろんな場所で

付き合いを重んじる人や人気者は、いろんな人からお誘いがかかったり、お付き合いの対象者が多いため、いろんな場所にいます。なので、いつも同じようなメンツ、しょっちゅう同じ場所となると、
付き合いよりは遊びの要素の方がベクトル強め …かなと思います。

地域性などもあるので一概には言えませんが、局所的、限定的な付き合いで「付き合いだから仕方ない」くらいに言っている人がいたら、同業の私からすれば、「え、それしか付き合いをする人いないの?」というツッコミの対象となります。

2、変な噂がない

人が集う世界にゴシップはつきもの。
とくに金の話、色恋ネタ、他人の不幸話など、いわゆる “ メシうま ” な話題は酒飲みたちにとっても大好物ネタであり、共有・拡散も早いものです。
グループ付き合いであっても、根拠がなくても、あやしい関係性が見え隠れする者は、すぐにウワサが立ちます。
「いつも一緒に飲んでるよね」「あの二人、あやしくない?」
前述にも繋がりますが、局所的、限定的な付き合いをしていると、なお、そんなウワサが立ちやすいものです。
ですから、変なウワサが全く流れてこない経営者なら、お付き合いにおいて上手に立ち回りができている人なんだろうなと思います。

3、わりとすぐ電話に出る

人との関係を大事にしている人ほど電話にはちゃんと出ます。出れなくてもすぐにかけ直したり。
人って結構、やましかったり気まずいとき、電話に出るまでに時間かかったりするもんなんですよね。
出ようか出まいか迷ったり、何て言おうか考えたり…これは誰しも経験ありますよね。
もちろん、周囲への気遣いや、騒音などの環境によってすぐ出れないこともあるので、これだけで疑うのは危険ですが、
逆を言えば、すぐ電話に出るという行為は、その相手と繋がることに躊躇がないということは言えると思います。


そして、番外編としてもうひとつ紹介します。

〔番外編〕今度一緒にいこうよと誘ってくる

彼女や奥様に対して、付き合いの場に呼んでみんなに紹介したり
付き合いで利用した場所が良いとこだったから今度一緒に行こう!と誘ったり
これがあると、健全度としてはだいぶじゃないですかね。
自分にやましい記憶のある、人や場所に対しては、彼女や奥様との接触や進入を自然と避けたがるものです。
男の人って器用じゃない人が多いものですから。

ただ、仕事の領域に彼女や奥様を入れたくない、入れるものじゃない、っていう人も結構いるので、あえて番外編とさせて頂きます。

とにかく、①~③までが当てはまる経営者が “ クロ ” ということではなく、
当てはまらなければとても上手な付き合いをしている健全度の高い経営者だろうと私は思うのです。

付き合いと遊びの線引きが難しいこともあるんです。

正直、付き合いって遊びとの線引きが難しい場合もあります。

女の私にも、こういう付き合いの機会は多少なりともありますが、仕事関係の相手との信頼関係の構築を大前提に向かっても、場が盛り上がると遊びと同じように楽しかったりして、帰りが遅くなって家族に悪いなとか若干後ろめたさも残ったり、そんな感覚に陥るときもあります。
これ、みんなあると思います。

なので、相手が陽気に帰ってきたら「ストレスのない付き合いができたんだな」と思ってあげられるといいんですけどね。

実際は難しいかな(笑)


ところで、私が人間関係や仕事においても男女の脳の違いを参考にするようになった、そのきっかけの著書を紹介しておきますね。
「男ってなんで…」「女ってなんで…」を理解できるようになる、特に、異性との関係性向上にお勧めの本です。




お時間ありましたらこちらの記事もどうぞ。
居酒屋やバーでの1人飲みで、出会いって期待できる?現場を見てきた飲食店経営者が現実をお話します。



「料理上手な妻や彼女は浮気をされない」…のではなく、「浮気されても戻ってくる」でしょう


おうちで本格的なカレーが食べたいならコレ!
日本最大級カレーグランプリ史上初のV2を達成した100時間カレー!その美味しさを詰め込んだレトルトカレーを作り上げました。


タイトルとURLをコピーしました