モテおじに共通する7つの特徴。モテるおじさんを勝手に研究!中年男性のモテる人とは

モテるおじさんの7つの特徴、中年男性でもモテる人 料理人の茶話

飲食店接客業の性質上、お客様のことを良く見るのは常でして、とても気になるのは老若男女問わず「モテる人」

モテる人はなぜモテるのか。

先日、知り合いの同業者と、余計なお世話とともに勝手な分析で盛り上がってきましたので、一番お会いする機会が多い中年層の男性に焦点をあてて深堀っていきたいと思います。

ルックスの良さ、経済力の高さに惹かれる女性がいるのも正直否定はしませんが、それがなくてもなんだかやけに女心を捕らえる40代以上の中年男性たち。

以後、愛と敬意を込めて「モテおじ」と呼ばせて頂き、モテおじの7つの共通点をご紹介します。

①程よい “人懐っこさ”

程よい人懐っこさ。

女性に、というよりは全般に対して、人当たりに優しさがあるんでしょうね。

居合わせた他のお客様とラフに会話できたり、
料理を運んできた店員に「ありがと!」「これ美味しそうだね!」などと、さらっと言ったり、
人やテーブルの間際を横切るときに一声かけたり会釈したり、
自分からグイグイいかない程よい人懐っこさ、社交性があります。

②程よい “清潔感” と “こなれ感”

モテおじたちは、年齢相応の見た目でも、おじさん体型でも、おじさん臭が伝わってこない格好をしています。

清潔感でいうと
・爪が切ってあり、ささくれも少ない
・髭が剃ってあるか成形されている
・髪は薄くても白髪があっても毎日整えていることがわかるヘアスタイル
・眉毛のカット(歳をとると長さが出てくる人いますので)
・サンダルの場合は足の爪やかかとのひび割れがない
などなど。

しかし女ってそんな細かいところいちいちチェックすんのかよ…と思いますよね。
いちいちチェックしているんじゃなくておそらく、女性自身が日常的に当たり前にケアをしている部分なので自然と目に入ってきてしまうのだと推測します。

一番目に付きやすいのはやっぱり顔の肌感です。
髭剃りあとや唇が荒れていたり、目や鼻や口の周りがカサカサ、粉吹き…

今は男性肌に特化したスキンケア商品もたくさんありますから、日々のケアをおススメしたいです。

男性でも肌のケアは当たり前の時代!
HADANYU 男性の肌悩みのために開発された薬用オールインワン乳液


そしてモテおじの服装は、
“畳んだ洗濯物の一番上にあった服” という感じがない服装です。全身鏡で必ずチェックしているような服装ですね。

・シワやヨレ感のないシャツ類
・毛玉のないニット
・丈が合ってるパンツ
・きれいなシューズ
基本です。

そこに、こなれ感を出すのは、
帽子、マフラー、スカーフ、ベルト、時計、ネックレスなどの小物ですね。

モテおじたちのコーディネートはわりと年齢相応で、若さや変な派手さは悪目立ちになることよくわかっているのかもしれません。

女性からしても、なにもすごいオシャレじゃなくてもブランドにこだわらなくてもいいんです。
清潔感ある服装と、主張しすぎないアイテムが1点入っているような “ こなれ感 ” で十分だと思います。

匂いは自分が好むものをつけるのではなく、 女性に喜ばれるものを選ぶことでモテ度UP!
93%の女性が絶賛した男のブースター香水「ボディセンス」



とかいって、どうせハイブランドとか高級車とかチェックしてるんでしょ?
のツッコミありがとうございます。

はっきり言いますと、
確かにそれもある。
いや、細かく言うと、そういう女性は確かに多い。

しかしそこだけに惹かれる女性ってそうそういないですよ。
(お金目的の女性でも良いのであれば、ハイブランドや高級車はめちゃくちゃ役に立ちます)

・清潔感は絶対条件
・こなれ感は優秀なオプション
ハイブランドの役割は、その2点をクリアして初めてラグジュアリーとして見えるものなので、だらしない服装にハイブランドを身につけてても 逆に “勘違い感” “ニセモノ感” が立ってしまって印象悪いです。
オシャレな女性ほど、このバランス感には敏感なものです。

モテおじにはユニクロ系のカジュアルファッションの方も結構いて、その飾り過ぎない清々しさが、距離の縮めやすさに繋がっているのだと感じます。

③相手の名前をよく呼ぶ

相手の名前をよく呼ぶ。

「〇〇ちゃん次何飲む?」
「そうそう〇〇ちゃん、昨日テレビでね〜」
「あのね〇〇ちゃん、例えばさ〜」

という具合に、名前を省いても成立する会話にも、よく名前を入れてくるんです。
これは結構な好印象です。
人間なら誰しもある “承認欲求” をグググっと刺激しているのだと思います。

④女性の話を引き出すように会話する。

女性の話を引き出すように…
これが本当に上手。

私は普段、接客するほうの立場なのですが、モテおじの会話術にかかると、気付いたらちょっと喋りすぎてて「いっけね…」ってなってます。

でもモテおじは、女性の話にうんうん頷くだけではなく、わりとよく喋っているんですよ。

女性は話を聞いてくれる男性が好き…なんて言うけど、そうじゃなくて会話をしたい(コミュニケーションをしたい)生き物なんです。女性同士ってずっとお喋りしてるでしょ。
そんな、会話好きっていうことをモテおじはよくわかってます。

私の体感になりますが、モテおじと女性では4:6くらいの発話率ように感じます。女性の声の方がすこし多く聞こえてくるかな、くらい。
なんなら多分5:5でも6:4でも女性はいいんだと思うんですよ。その女性に沿った会話であれば。

⑤基本、表情が穏やか。否定もあまりしない。

そして、やっぱり女性にあまり否定をしないんです。
例えば、自分本位なこと言っちゃってるなぁって女性に対しても、
「なるほどねぇ〇〇ちゃんはそう思うんだねぇ」みたいに肯定もしなきゃ否定もせず流しています。

でも物申すときもあって、そういう時は、なんていうか “ 仏の顔 ” …ですかね?。険しい顔や怖い顔では決してなく。
熱くなったり、気難しい顔になっちゃっても最後には笑うとか。

空気が悪くならないように考えているのでしょうね。

⑥男ってほんとバカだよな系の謙遜

例えば女性が、浮気性なカレの愚痴を言っているとして、それに対し
「男が悪い」「ホント男ってバカだよなー」「女がいないと男なんてなんにもできないのにな」
と男の不甲斐無さを取り出して女性の苦労に共感しています。さりげなく女性を立てているのか、ただ逆鱗に触れないようにしているのか。
女性に「でしょー!」「わかるー?」と言わせる会話の流れですね。

違うバージョンでは、
「今日、谷間が見えそうな女性がいて横目で見てたんだけど、俺絶対バレてるよなー」
「女性のアパレル店員に似合ってますねって言われると、つい、気があるのかなぁとか思っちゃうよね」
…なんていう「男ってほんとバカ」的な自虐ネタをはにかみながら言われようものなら、女性は男性に可愛さすら感じます。

うまく母性本能も刺激されているのかもしれませんね。

⑦やっぱりマメです。

食事の料理を頼むとき女性の好みを聞きながらチョイスしたり、一緒に選んだり、
グラスが空くと尽かさず次の注文をすすめたり、すぐに店員を呼んだり、女性の帰りの足を気にしたり。

誕生日にはちょっと特別なお酒や料理を前もってお店に相談されていたり、あと、連絡やちょっとした手土産にもマメです。

ちなみに、
お会計は女性がお手洗いに行っている隙に…っていう、紳士のあるあるは、
実は、今はあまり見受けません。

でも支払いはやっぱりスマートです。例えば小銭やクーポンなどで、まごまごと時間がかかる人はあんまりいないです。

【まとめ】モテおじさんってまるで【司会者】

ゲストの話や魅力を引き出すして華やかに盛り上げる、空気をよんで進行して、流れの主導権はちゃんと自分にある、最後は自分の存在感で締めくくる。
モテおじはまさに司会者のようです。
結局のところそんな結論に至りました。

若い人よりエネルギーの衰退は否めませんが、そのエネルギーを一通り活用・経験してきたスキルや包容力、寛容さはやはり“モテおじ”にしかない魅力なのでしょう。



最後に、
酔いの回りが穏やかになり、二日酔いも軽減する、私の愛用アイテムを紹介します。
これ、ドリンクタイプもあるのですが、オヤジっぽくグイッと飲むよりスマートに飲めるのでおすすめです。大切なお酒の席に。


こんな記事も書いています。よろしかったらご覧ください。
「褒めるより喜ばせる言葉」3つ。誰でも使える飲食店経営者の接客会話術。



美食家たちの「ウザさ」とはなにか?
なぜうざいと言われる?食通、グルメ、美食家たち。

料理人の茶話
鷲たか・ワシタカバーをフォロー
鷲 たかこ

ライター 鷲 たかこ (わし たかこ)
飲食店経営歴11年 食生活アドバイザー 薬膳食育師
仕出し、ケータリング、出張調理、イベント、料理講師、映画ドラマ等のロケ弁や炊き出し、多種多様な食のお仕事をしています。
そのため更新は不定期(現在多忙の為、特に更新控えめです)コメント欄もありませんがご質問等はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

鷲たか・ワシタカバーをフォロー
washitaka.net
タイトルとURLをコピーしました