飲食店の集客方法「男女で変わるリピート行動」の巻。ターゲットが男性か女性かで変わる集客方法。

あの常連さん来なくなったなぁ。本当のことは常連さんにしかわからない 集客術 関連記事

まずはコンセプトとメインターゲットは明確に

お店のコンセプトとメインターゲットは常に明確にしておきましょう。

コンセプトは“概念”ですね

簡単に言えばあなたのお店がどういう志向のお店なのか

・健康志向の料理がメインのカフェ

・おでんが売りの立ち飲み居酒屋

・子連れでもゆっくりできる個室イタリアン

など。

メインターゲットは名の通り、メインで狙いたい客層のことですね

・主婦

・サラリーマン

・駅利用者

・地域のファミリー層

など。

これらが定まっていないと、

メニューや料金設定、サービスにブレが出てきます。


そして、

長くやればやるほど時代や環境の変化も伴い、狙いとのズレが出てくることもあります。

コンセプトもターゲットも一度決めたら貫かなきゃいけないものではないので

客層や売り上げに違和感を感じるようになったら見直すなど柔軟な臨機応変さも必要です。

男女でちがう行動心理を踏まえておこう

メインターゲットが男性か女性か、この違いでだいぶ対応が違います。

男性の場合

基本的に同じ店を利用したがる傾向があります。

「馴染みの店」「行きつけの店」を持ちたい人が多いです。

味や価格ももちろんですが、自分にマッチした居心地の良さを重視します。

初めの印象が重要です。

通うにつれて、店主や店員と仲良くなったり、自分の好みを知ってもらえるといった、開拓する喜びを見出しています。

1人で来る人の大多数は、店のスタッフや常連客に近づきたいと思っているので、雰囲気が好印象なら良い確率で再来店が期待できます。

女性の場合

いろんな店を行きたがり、情報を発信したい傾向があります。

女性は、味、価格(における損得)、接客態度、清潔さ、など評価基準が細かく、

その全ての総合点がリピートを決めます。

ただしその評価や、他店や他商品との比較においても厳しめです。

しかし、ひとたび良いものを見つけると、有益な情報として家族や友達、SNSで発信、共有したがるので、好印象を得られれば強力な口コミが期待できます。

野菜やヘルシーなメニューの充実を好みます。




ちなみに、

話題の情報収集の猛者とも言うべき若者にも触れておきますと、

若者の場合

近年の、インフルエンサーと呼ばれる“大きな影響をもたらす情報発信者”には若い人が大変多く、

彼らのズバ抜けた発信力にあやかれば話題に上がるのも瞬く間です。

ただ、ブームは一時的で、移り変わりの早さもまた近年の傾向です

とにかく話題性に富んだものを好み、新しいものに敏感で、まさにホッピングとも言える行動性の特徴があります。

また、車離れ、酒離れ、仕事や上下関係を含む“お付き合い”離れも、近年の若者の特徴です。

【実例】こんなにちがう男女差

ここでちょっと、

うちでの仕出しやケータリングで実際にあるご依頼の“あるある”をご紹介しますね。


うちではなるべくお客様のお好みに沿った内容でご用意するスタイルですので、予算、メニューの相談が付きものなのですが



例えば仕出し弁当。

男性がご依頼の場合

一応、こちらからもいくつかお料理のご提案をするのですが、

これ!っていう肉料理などのメインだけ選択して

「うーん、いーや。あとは任せます!」

というパターンが多いのです。

あれこれ悩んだり選んだりするのが面倒くさいようです。

電話かラインなどの連絡一本で済むことがほとんどです。

実際に、

・ご飯に合う味付けのメインをどーん!!

・副菜が少なめでフルーツなどはほぼ入れない。

・蓋を開けたときに一目で何が入ってるかがわかりやすいシンプルさ、はっきりとした味。

を意識して作ります。

女性がご依頼の場合

メインから副菜までよく吟味し、野菜の多さや彩り、量にもこだわります。

選んだり迷ったりするのも楽しく、少しずつ、いろんなものを食べたいんですね。

ご注文のご担当者様が一人で決めることもありますが、他の方と相談しながら決めることが多く、お問い合わせも数回やりとりすることもしばしばです。

実際に作るのは、

・ヘルシー志向で野菜料理も多め。

・品数も多めで、彩りを重視。

・フルーツやスイーツもよく入れます。

SNSでキレイな写真でよく投稿してくれるのも女性です。


うちの場合、仕出しやケータリングにおいては女性が好む彩やを重視しているので、ご注文者様の約8割は女性、または女性が多い団体様からのものです。

また、豊富なラインナップでお好みのものをチョイスできるという強みも、女性のリピーター獲得に一役買っています。



このように、

メインターゲットを大きく男性にするか女性するかで、

意識していく部分が変わってきます。


男性ウケを狙うなら、
居心地の良さ重視。料理やサービスが複雑じゃない簡素さと、親近感ある接客など。

女性ウケを狙うなら、
料理や設備にまで細かな気配り。ささやかな特典やオプションを設けたり、選択肢の豊富さで楽しませるなど。



もちろんそればかりではありませんが、

集客戦略の材料として、お役にたてれば幸いです。


ちなみに、私が仕事の参考のベースともなっている本を紹介しますね。

ビジネス本ではありませんが、男女の脳の違いから、思考、言動の謎が理解できます。

ビジネスの基本は「人と人」ですから、人を知るために役立つ本のひとつです。

ご興味のある方はぜひ。




よろしければこちらの記事もどうぞ。飲食店の集客方法「お得なランチには注意」の巻。ランチはディナーへの宣伝・集客に効果があるのか?



国内最大級のサイトに費用負担なしで掲載
お店の魅力を発信!無料で店舗会員に登録!【エキテン】

集客術 関連記事
鷲たか・ワシタカバーをフォロー
わしたか ノン

飲食店経営歴10年 食生活アドバイザー 薬膳食育師
仕出し、ケータリング、出張調理、イベント、料理講師、映画ドラマ等のロケ弁や炊き出し、多種多様なお仕事をしています。
そのため更新は不定期、コメント欄もありませんがご質問等はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

鷲たか・ワシタカバーをフォロー
washitaka.net
タイトルとURLをコピーしました