飲食店経営者によくある7つの特徴。性格、学歴、モテ度…あるあるを解説します。

飲食店経営者にある「お客様の立場になって考える」の間違い。集客方法のヒントは自分の目の位置。自分がお客になったら。 料理人の茶話

さて今回は、飲食店経営者の特徴についてお話したいと思います。

私自身、飲食店経営者であるゆえ、私の周りにも飲食店経営者、もしくは実質経営者がそれなりにいますが、みなさん個々の細かな性格においては当然ながらバラバラです。

しかし、経営者たちの多くによく見られる共通点はありますから、そんな共通点を特徴として7つ紹介します。

ちなみに、飲食店経営者といってもいろいろな立場の方がいるので、運営の多くに自ら手をかけている、一番多いタイプの飲食店経営者を対象にしています。

特徴その①ストレスに強め

ストレスにはわりと強め。これが第一でしょうね。

お客様をはじめ、スタッフや業者など生身の人間との関わりが多いゆえの人間関係ストレス、
さらには意外とハードな職業であるがための環境的ストレス、
これらが常にまとわりついています。

しかしこれらのストレスに負けない思考や体力を持っています。

ストレスに弱そうな経営者も少なからずいるのですが、そういう人たちは経営も長くもたなかったり、ストレスにやられながらもお酒などでその都度ごまかしながらやり過ごしている「危なっかしい人」ですね。

ストレスに強い人じゃないと生き続けられない世界なんだと思います。

そのためか、外見や雰囲気も気弱そうに見える経営者は少ない感じがしますね。

特徴その②社交的、人が好き、ある意味さみしんぼ

飲食店のバーカウンター

飲食店経営者にはやっぱり、人と接することが好き、もしくは得意というタイプが多いです。

私の印象的には、集団が好きな人が特に多いように感じます。

初対面の相手でもそつなくコミュニケーションをこなし、賑やかな場所、または誰かと一緒にいることを好む人が多いです。

そして、自然と人をよく見ていますよね。
自分の店はもちろん、他のお店や、誰かと食事をしているときなど人の性質、動向、好みなど、無意識にも観察しています。

経営歴が長いほど、この自然な観察力に優れていると思います。(それについてはこちらでも詳しく書いています。よろしかったらどうぞ。飲食店経営は正直言って難しい。それでも利益を出し続けている人の特徴とは?)

特徴その③…でも、心の壁は意外に厚い

心の壁が厚い… 

どういうことかと言うと、例えばバーのようなお客様と会話するお店で、
グチや悩みを吐き出すお客様に対して、話を聞いて励ましや同調の言葉をかけたりしますが、心は同調していない…ということです。

冷たいようではありますが、たくさんの人に会う分、ひとりひとりに心を寄せていたら、当然ながら心身がもちません。

お客様の動向や好むものはよく観察するし話もよく聞きますが、いちいち感情を受け取らないように厚めの壁が、心に設置されています。

少々カッコよく言いましたが、
まぁ簡単に言えば、表向き、建て前、社交辞令、が得意…ということでしょうか。
浅く広い交友関係を持つ人が多いのも、この性質ゆえかもしれませんね。

珍しいお酒、市場に出回りにくい日本酒に出会える!
プロ厳選のおすすめ日本酒「saketaku」

特徴その④不摂生、酒飲み

不摂生な人、多いですねー。
不摂生な生活にならざるを得ない人が多い、って言ったほうがいいかもしれません。

お客様の稼働状況、仕入れや仕込みなどによって食事の時間も変わるし、食べなかったり簡単にパパッと済ませたりも日常的です。

定期的な運動をしている人も少ないですよね。

そしてなんといっても酒飲みが多い。
お付き合いや外食も多い。

今は、時代の流れによってだいぶ減ってきたものの、喫煙者も多いほうだと思います。

飲食店の彼女・奥様の心配ごと。お付き合い、営業、接待という遊びの免罪符。会食。


飲食店経営者の彼女・奥様のお悩み心配事。お付き合い・営業・接待という遊びの免罪符

特徴その⑤高学歴の人はあまりいない

ホント、失礼なこと言ってすみません。でも事実、飲食店経営者に高学歴な人ってあんまりいません。

私の周りにも、大卒はぼちぼちいるけど「高」がつくほどの人はおそらくいない…(いたらごめんなさい周りの人)
頭の回転とか機転においては優れた人が多いのですが、高学歴者はなぜだか…

そう考えると、頭脳派は確かに少ないかもしれません。感覚派、肉体派が多いとなるとしっくりくる職業だと思うので。

特徴その⑥食に対してうるさそうだけど、これは分かれる

飲食店経営という職業柄、食に対する興味はみなさん強いと思います。
「この食材にはこの味付けは合わない」「良いものを食べていないと舌が乏しくなる」などといちいちうるさい人も確かにいるにはいるんですが…

フタをあけてみると意外に多いのは、
自分ひとりが食べる日常的な食事に関しては、こだわりがない、強い好奇心が沸かない、無気力 ” なんて人たちです。

特に料理人となると「自分が作ったものは食べたくない」もしくは「仕事以外に料理をしたくない」という人が結構多く、自分以外の人が作ったものならなんでもいいとか、外食やテイクアウト、インスタントやコンビニご飯などが日々の食事だったりします。

私もこれあるんですよ。デリのお店なのに、仕事が終わったらスーパーでお弁当買って帰っていましたから。

特徴その⑦微妙にモテる

モテるおじさんの7つの特徴、女性の名前を良く呼ぶおじさん

ちょっと、男性経営者寄りの話になりますが、モテてる人ってちょこちょこいるんですよね。

そのモテ要素とは一体何なのか、挙げてみますと

・まずなにせ出会いが多い
・職業柄、気遣いと優しさを見せる
・職業柄、楽しく会話できる
・職業柄、顔が広い
・経営者というまあまあ格好のつく肩書き

というようなスペックが理由なのではないかと。

さらには、料理人(特にフレンチ、イタリアン、寿司)は、手さばきや職人の表情が女性には魅力的に見えるようですね。
飲食店経営者がお客様からよく好意をもたれたり、いい感じの関係になったりというのは、わりとよく聞く話です。浮気や不倫もそんなに珍しい話でもないですし。

ただし、上に挙げたモテ要素を持っていてもですね、仕事以外ではそうでもない…という人、私の知る限りそこそこいるのでご注意を

特徴〔おまけ〕もしかしてサイコパス?

サイコパスと言うと「猟奇殺人者」のようなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、
厳密に言うと、「人に対する愛情や思いやり、または道徳や倫理観、 恐怖などの感情が著しく欠如しているため、きわめて自己中心的に振る舞う傾向がある精神病質者」だそうです。

脳科学者、中野信子さんの「サイコパス」という著書の中に、
とある心理学者が挙げた「サイコパスが多い職業ランキング」なる記述がありまして、なんと9位に「シェフ」がランクインしています。

飲食店経営者の中には、自身が料理人である方が多いので、ちょっとここでおまけとして紹介してみました。

参考までに著書はこちら↓ 飲食店経営者の話からそれますが、あなたの身近にもいるであろうサイコパスについて詳しく書かれていてなかなか面白い本です。



ただですね、
じゃあ私の周りにサイコパスらしき料理人がいるかとなると、思い当たる人は今のところ出会っていないのでなんとも言えません…



料理人についてこんな記事も書いています。
料理人になるには?現役料理人が語る3つの必須条件。料理人に向いている人と向いてない人とは?





以上、何かはわかりませんが何かのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました