飲食店の集客方法「自分を売る」の巻。多くのひとに自分の存在を知ってもらおう。

飲食店の集客方法イベントは集客の強い味方。自分を売る。 接客術 関連記事

冒頭からすみませんが

「自分を売る」 これは有益でありながらも激推しするほどではないんです。

人見知りの方やアピールが不得意な方はここばかり重要視しなくてもいいと思います。


ただ、ビジネスの全てが “人と人” によって成り立つわけですから

人脈というものが、いかに重要であることは明白です。

以前書いた記事 飲食店の集客方法「入りやすい店作り」の巻 でも触れていますが

新規顧客が気になっているお店に対して、欲しい情報のひとつである「人」


初めて入るお店、どんな人がやっているのかを事前に知るということは、

入りにくさを緩和する安心材料のひとつとなります。

そこに繋がる「自分を売る」という方法、ご興味がある方はぜひ読んでみてください。

名刺はいつも持ち歩く

名刺をいつも持ち歩く。

新社会人のあいうえお、みたいな話ですが…

意外に持っていない方いらっしゃるんですよね。もちろんそれが悪いわけではないのですが。

名刺、私はほぼ持ち歩いています。プライベートな外出でもです。

とはいえ、撒き散らすような用途でなく、

知人づたいに紹介を受けたり、

または、ひょんな事からお仕事の話に発展した時など、

最低限の絡みがあってのうえで渡すので、頻度はさほど多くないのですが、

どこでそういう機会に出会うかわからないので持ち歩いています。

そもそも名刺を作っていない…という方は、すぐに作りましょう。

日本のビジネスには必須ツールですので。

ちなみに、ショップカードのような、お店の名前しか入っていないものは名刺ではありません。

必ず個人名の入った名刺を使いましょう。社会人としての信頼度に一歩近づきますからね。

種をあちこち撒いておく

正直言って芽が出る確率も高いものではないですが、そもそも種は撒かなきゃ芽は出ません。


では、何の種を撒くか?



病院、美容院、マッサージ店、スポーツジムなんかで

「お仕事は何をされているんですか?」

「飲食店でやってて」

「この辺なんですか?」

「あーあそこのお店ですね!」

っていうくだり、よくありますよね。

そんな世間話程度の

「私はどこどこでこんなお店をやっています」

をさりげなくいろんなところに「点々」と置いてくる感じです。




人って、

小さな話題「点」だと、大して頭にとどめておかないものですが

別ルートから関連性のある話題が入ってきて「点と点が線になる」と、

何倍も強く印象づくんですよ。



例えば、私が初めて行く美容院で


先ほどのような「お仕事は~」なんて会話を美容師さんとします。

これだけだと美容師さんは私のことをおよそ「飲食店をやられているお客様」ってだけの印象です。



後日、この美容師さんがSNSをチェックしていて、自分の友達が外食を楽しんでいる投稿を見ます。

これだけだと楽しそうな友達のよくあるひとコマを見た、というだけです。


でも、

このお店が私のお店だとわかった瞬間、点と点がつながり、

「あ!ここ、わしたかノンさんのお店だ!友達はここによく行くのかな」

と、より強く脳裏に残るのです。


そして、この美容師さんは私のお店に興味を抱き訪問してくれる…

なーんて簡単にいくものではないですけど

印象のない店より印象の強いお店のほうが、機会率が上がるのは確かです。



経験ありませんか?

初対面の人と会話をしていたら、

共通の知人がいた、
地元が一緒だった、
同じパン屋に通っていた、

それだけでただ初対面という間柄よりも、グッと距離が縮まり親近感が増した…なんていうこと。

それと同じようなことです。


「点」をあちこちに置いていくことは地味ながらも有益に繋がるというわけです。

地域のお店や施設に顔を売る

顔を売るって、言い方もちょっとあれですけど

地域の交流を育むということですね。


同じ地域のお店や施設、町内会等、親睦を深めて

お互いに紹介しあったり有益な情報を提供しあったり、

持ちつ持たれつ、というやつです。

地域とはそんなお付き合いをお勧めします。



時々、

“他のお店を紹介するなんてわざわざ自らお客様を手放すようなことはしない”

という主義の方もおられるようですけど、

お客様ってずっと同じお店に通ってくれるわけではありませんから、

そんな囲い込むような意識、あんまり意味ないです。

お客様が来なく理由について書いていますのでよろしかったらそちらも参考にしてください。
「あの常連さん最近見ないなぁ」来なくなった常連さん。何故その常連客は来なくなったのか?


交流の幅が広いほど、いわゆる “顔が広い” ということです。

その人脈はいろいろな形で、必ず経営に有益なものとなっていくはずです。

名刺交換会・セミナーなどの交流イベント

ここに挙げといてこんなこと言うのもなんですが、

私個人で言うと、名刺交換会、セミナーなどはあまり重要視していません。

知り合いや、特に保険業の営業さんたちからお誘いを頂くことはあるのですが、

うちの場合は地域密着型の個人店なので地域での交流を育みたいというのと、まぁ私がそういう場があまり得意なほうではない、というところがありまして。

しかしながら、実際に参加された飲食店経営者の方のお話ですと、

後の仕事に繋がるというよりは、異業種の方々との情報交換のほうが経営の勉強になるということです。
ゴリゴリ売り込みに来るわけではなくあくまで、交流を通してのビジネスの人脈作りの場。

そして都市部での開催が多いという面を踏まえても

事業の拡大やスキルアップの面では、こういう場への参加も大いに有効だと思います。

「自分を売る」うえでのマナーは守ろう

宣伝、誘いの言葉は「笑顔でひとこと」で

宣伝、誘いの言葉は「ひとこと」で

「お近くにいらした時はお気軽に」

「パスタが食べたくなったらぜひ」

などなど、ひとことです。

とにかくゴリ押しは逆効果です。


誰だって

「ぜひ来てくださいよサービスしますから!○○が美味しくておススメなんですよ!あとうちは珍しいお酒も置いてましてね……」

なんてグイグイこられたらちょっと面倒くさいじゃないですか。


かといって何のお誘いの言葉もないと「あんまり来て欲しくないのかな」と思われ兼ねませんから


笑顔でひとこと、です。


もし相手の方が興味を持ってくれれば必然と他の事も聞いてきてくれますから、そしたらそれに応じて答えればいいのです。

他の飲食店で自分のお店の勧誘はご法度

他の飲食店、つまり同業者のお店で、自分のお店の宣伝をするのは絶対的タブーです。

私も外食が好きなのでいろんなお店にお邪魔しますが、

例えばお酒を伴う場で、他のお客様と会話が弾んでも自ら職業を言うことはありません。

どんなに親交の深いお店でも、です。

そのつもりがなくても、お客様を取ろうとする行為と同じですからね。


親交のあるお店では、だいたいそこの店主さんのご好意で

「こちらの方はどこどこでお店をやっていらっしゃるんですよ」と紹介してくれます。

そんなときはご好意に甘えて「よろしかったらぜひ」とひとこと申し添えます。

人によっては詳しく聞いてくることもあるので、聞かれたことを答える程度でなるべく控えめに済ませます。


やっぱりそこは、よそ様のグラウンドですからね。気遣いが必要です。

私自身も、すごく社交的なタイプというわけではないので、

活発にあちこち交流を…とは、なかなかフットワーク軽くはいけませんが、

人脈の重要さは身にしみていますので、自分の要領なりに意識しながら営業をしています。

お時間ありましたらこんな記事もどうぞ。
飲食店経営は正直言って難しい。それでも利益を出し続けている人の特徴とは?



登録無料!お店の空き時間を収益化!スぺースマーケット



タイトルとURLをコピーしました