接客術 関連記事

接客術 関連記事

経営に潜む危険「認知的不協和」を例を踏まえてわかりやすく解説。解消法も紹介します。

人間って、とにもかくにも矛盾だらけの生き物なんです。でも矛盾している状態はとても不快なので、自分の認知を変えて「矛盾ではない状況」を作り、心の安定を図るのです。 わかりやすい例をあげると、 大好きだった人に告白してフラれたとき...
接客術 関連記事

モテるホステスのずるい接客テクニック「お願い上手」がお客様の心を掴む心理とは?飲食店版

今回は、本当に上手な人だ…と思った、あるホステスさんのお話を元に、お客様の心を掴む方法を紹介していこうと思います。 失礼ながら、超絶美人さんというほどでもないし、水をはじくほど若いというわけでもないけど、なかなかモテるというホステス...
接客術 関連記事

あなたのお店のお客様を「良いお客様」にさせる暗示法。迷惑な常連、困ったお客の対処法

あなたのお店のお客様に「この常連さん、ここがちょっと面倒なのよね…」「そう振る舞われると周りもやりづらいんだよな…」と思うお客様、正直いませんか?注意するほどの振る舞いじゃなくても、もしかしたら他のお客様が居心地悪いかもしれない、初めて来...
接客術 関連記事

「客になめられる(涙)」なめる客を寄せつけない“堂々ポーズ”を飲食店経営者が教えます。

「なんだか弱々しい店長…」「よくお客になめられるスタッフ…」と言うとどういう感じの人を思い浮かべますか? いつも気を遣って、へつらっている…身をすくめて声は小さく言葉も少なめ…ぺこぺこしている、へらへらしている…こんなところ...
接客術 関連記事

「あの人に嫌われてないかな」相手の無意識なしぐさで“好意”があるか読み取る方法教えます

長いこと接客の仕事をしていますが、今回お話しする「相手が自分に好意があるかどうか」を確かめる方法、これはほぼ間違ないと言って良いと思います。 飲食店経営という職業柄、お客様や関連業者さんなどお付き合いする方がそれなりに多いのですが、...
接客術 関連記事

終わり良ければ全て良し。最後にお客様に良い思いをさせるリピート術!ピーク・エンドの法則

飲食店では、お客様が来店されお帰りになるまでの間、お店側は通常通りに対応していても、お客様はこちらが思うよりもいろいろな感情が発生しています。お店の雰囲気、接客対応、料理の味、その他諸々…。不本意にもお客様を困惑させてしまったりイライラさ...
接客術 関連記事

好感度爆上がりの誉め方!さしすせそよりも強力な3つの心理的法則

人は褒められれば誰でも嬉しいものです。 以前、褒め言葉の「さしすせそ」を他の記事で少し紹介していますが、(ちなみにその記事はこちら→接客業必見!「褒めるより喜ばせる言葉」3つ。誰でも使える飲食店経営者の接客会話術)それよりももっと強...
接客術 関連記事

「嫌なお客さん」ムカつく気持ちを抑える方法。ムカつく心理とコントロール法

接客業の方々のお悩みとして常にトップランクに君臨している問題と言えばコレではないでしょうか?「嫌なお客様」「ムカつく常連さん」 お店が不利益を被るようなモンスターであれば、しかるべき対処ができますが、そこまでの害はないんだけど、性格...
接客術 関連記事

悪用厳禁!「お客様を操る」飲食店経営における「ナッジ理論」の活用法

ナッジ理論とは、命令や強制的に人を動かすのではなく、人が自然とそうするようにそっと仕向ける…という、行動科学から生まれた理論です。そもそもナッジという言葉には「肘でツンツンとつついて促す」という意味があります。 具体的にどんなふうに...
接客術 関連記事

運をつかめる経営者とは?たくさんのチャンスに出会える経営者になろう!

個人的に認知科学や心理学の本をよく読むんですけど、そこで知り得たちょっと面白い話があるんです。 「運」についてです。 この、見えない運というものについて、科学者たちなどによっていろいろな研究がされているんですよ。詳しいことは今...
接客術 関連記事

経費ゼロで効果大!お店の宣伝システムの作り方!「引き合わせの方法」で飲食店の集客

人と人をつなぐ、これが自身が経営する飲食店への集客効果をもたらす。 以前、自分(経営者)やお店の存在を「点」として、あちこちに置いてくることの有効性について書きました(その記事はコチラ→ 飲食店の集客方法「自分を売る」の巻。多くのひ...
接客術 関連記事

飲食店経営者のよくある失敗3つ。実は危険な“良かれと思ってやっている”ソレ。

良かれと思ってやっているけど、いずれ首を絞めることになってしまいそうな失敗。 今回紹介する、そんな失敗の特徴3つは経営年数がまだそれほどでもないお店に多い…といったところが個人的な印象です。 私もまだ経営歴十数年ほどですから、...
タイトルとURLをコピーしました