カテゴリー:●美容

2016年03月28日

肌の老化へ効果のある化粧品の選び方について

肌の老化へ効果のある化粧品の選び方に
ついて解説していきたいと思います。

年をとってくると肌は老化していきます。
これは、体内で活性酸素が生まれる事と関係しています。

活性酸素とは、
健康な細胞を錆びつかせるもので
これが老化へと繋がっています。


ただ、活性酸素は、生活をしていれば
嫌でも生成されるものですので致し方ない部分があります。
(例えば、息をしただけでも発生します。)

抗酸化.jpg



肌の老化へと抗酸化化粧品




若いうちは、この活性酸素を
分解(抗酸化)できますが、年齢を重ねるにつれて
この能力が低下していきます。

ですので、
そこで、大切なのは
肌の老化へ効果が期待できる化粧品などで
ケアする事です。


つまり、これまで体内で行われてきた
抗酸化を化粧品で補うわけです。


肌の老化ケアの抗酸化化粧品成分について



ここで代表的な抗酸化化粧品の成分について解説していきます。


一番有名なのが、

ビタミンC誘導体です。


次に、

ナイアシン(ビタミンB3)ポリフェノール類
の化粧品も抗酸化化粧品としては有名です。


これらは、(シミ・シワ・毛穴の開き)などの
予防になりますので
肌の老化を感じたら抗酸化化粧品を使っていきましょう。










posted by ゆかりん at 22:36| Comment(0) | ●美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

オールインワンジェルって本当にいいの?どうって所を考えてみた


通常、基礎化粧品とは化粧水・美容液・乳液・クリームですが、
これ1つでOK!のオールインワンジェルも、
今では当たり前に基礎化粧品の仲間入り。



そんな、とっても簡単で便利なオールインワンジェルの
メリットとデメリットを考えてみました。


オールインワンジェル



オールインワンジェルの良い所




・簡単便利!

化粧水・美容液・乳液の役割をオールインワンジェル1つで補えるため、とにかく簡単です。
かなりのズボラさんや、育児や家事に追われて時間のないママさんにはかなり嬉しいですね。

・肌への負担を軽減

 肌への刺激として良くないと言われている摩擦。

基礎化粧品を1つ1つつける場合と、オールインワンジェルで終わらせる場合、
肌に触れる回数が明らかにオールインワンジェルだけの方が少ないため、
肌への負担となる摩擦を減らします。


・家計に優しい

化粧品って結構いい値段しますよね。
でもオールインワンジェルなら1つあればいいわけですから、
基礎化粧品を揃えるのに比べたら、かなりの節約になります。



・肌を甘やかさない

最近の基礎化粧品は、昔に比べてより良い成分が含まれるようになったり、
成分が高濃度に配合されたりと、進化しています。

とても嬉しいことですが、そういったものをつけすぎるのも、
肌を甘やかすことになり、自然治癒力が低下するとも言われています。
オールインワンジェルでは適度に保湿されるため、肌を甘やかしすぎることはありません。

オールインワンジェルの悪い所



・基礎化粧品単体には劣る

 オールインワンジェルでも、ある程度保湿や栄養補給はできますが、
やはり化粧水や美容液を1つ1つつける丁寧なスキンケアと比較した場合、全体的に効果は劣ります。

・肌への刺激が強いかも・・

 オールインワンジェルでは、様々な成分が複合されているため、
肌が敏感な人や極度に乾燥している人が使用すると、赤みが出たり、肌がムズムズしたり、トラブルが起こる可能性があります。

・肌に合わせたケアができない


 肌のコンディションは毎日同じではありません。
良い日もあれば悪い日もあります。基礎化粧品を単体で使用していれば、
その日の肌に合わせて、組み合わせや使う量などを変えられますが、
オールインワンジェルだとそういった臨機応変ができません。

・物足りない・・

オールインワンジェルを使用している人にアンケートをとると、保湿力や使用感が物足りず、
結局ほかの化粧品と併用して使っているという人が多いです。

オールインワンジェルの良い所と悪い所まとめ



決してオールインワンジェルがダメなわけではありません。

例えばズボラな人や、究極に疲れているとき、
顔を洗った後丁寧にケアをするのが面倒くさくて、ついつい何もつけずに寝てしまうよりも、
オールインワンジェルだけでもつけて寝た方が、肌が乾燥せずにムダな老化を防げます。

自分の生活環境と肌状態によって使い分けるのが一番良いかもしれませんね。

posted by ゆかりん at 23:10| Comment(0) | ●美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

化粧水ローションの使い方や注意点

化粧水ローションの使い方や注意点について解説していきます。
以外と私もそうですが化粧水の使い方は簡単な様で奥が深いです(^^;

まずは、化粧水は通常洗顔後に使います。
お肌への浸透を考えると、洗顔のなるべく
直後に使うのが良い様です。

化粧水を使用する様子


化粧水ローションの使い方の順番



まず、化粧水を使う手順です。

ここで注意なのは

化粧水をぬった後、パンパンと手ではたくのはやめましょう。
刺激を与えると、赤ら顔やシミの原因を作ってしまいます。



1、 手のひらで化粧水を顔全体にのばした後、手のひらでじわっと押し込んでいきます。

2、 顔の上半分を手のひらで優しくそっと押さえます。

3、 最後に両ほほを手のひらで包み込むように押します。


所謂、ハンドプレスというやつで化粧水を手に取って、

肌の上を抑える様なイメージで浸透させます。


ポイントは、

使用前に手の平の体温で化粧水を温めてあげる事。
ハンドプレスで顔を押さえる際には気持ち長めにする事。


この二つで肌への浸透が変ってきます。
ぜひ、日常のお手入れに取り入れてみて下さい。


posted by ゆかりん at 09:42| Comment(0) | ●美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成分から間違えない化粧水の選び方は?

化粧水は新製品も多く販売されていてどういった
基準で選んでいけば良いのか迷います(^^;

ここでは、成分から間違えない化粧水の選び方
について解説していきます。

化粧水


化粧水の成分について




少し前までは、たっぷりの化粧水を肌に浸透させることで、
肌がプルプルにうるおうと言われてきましたが、乾いた肌は、
化粧水だけではうるおわないことが分かってきました。

肌のうるおいを保っているのは、角質にあるセラミドなどのうるおい保湿成分です。

肌の保水力を上げるには自分の肌質を知り、
その上でセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなどが
含まれる化粧水を選ぶようにしましょう。



肌の種類別の化粧水の選び方について




乾燥肌
カサカサが気になる肌には、高い保湿成分が入ったものを選ぶようにします。
セラミド入りを求めると良いでしょう。
セラミドは、角質同士を結びつけ、水分や脂分を保持する効果があり、
肌のバリア機能を高めてくれます。

油性肌:テカテカした脂浮きが気になる肌には、
ニキビや毛穴の開きなどに効果があるビタミンC配合の化粧水が適しています。

乾燥性脂性肌:洗顔後はカサついているのに、
日中はベタつき感があり自分の肌質がよくわからない場合は、
保湿力のあるセラミド配合の化粧水が合うようです。

混合肌:カサつきとテカリがその日によって違う場合は、
基本的に保湿効果の高いセラミド入りの化粧水を用い、
テカリが気になる場合はさっぱり系のものに変えると良いでしょう。



化粧水を購入するときには成分表示を確かめましょう




肌の保湿成分が含まれていてバリア機能を高めてくれるセラミド入り、
水分を抱え込んで弾力のある肌を作ってくれるヒアルロン酸、
および同じような効果を持つコラーゲン入りなどを選ぶと良いでしょう。



また、ニキビや毛穴の開き、シミなどが気になる場合にはビタミンCを含む
化粧水がおすすめです。


化粧水は、できれば界面活性剤フリー、オイルフリーといった内容表示のもので、
弱酸性、無鉱物油のものを選ぶようにしましょう。

化粧水の値段が高ければ高いほど効果があるというものではありません。

まずは自分の肌質を知り、成分表示を確認して自分に合ったものを
購入するようにすることが大事です。


また、化粧水は冷蔵庫などで保管する必要はありませんが、
開封後は2ヵ月以内には使い切った方が良いようです。

化粧水を賢く選んで、正しく肌ケアをしましょう。


posted by ゆかりん at 09:42| Comment(0) | ●美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

納豆キムチは美容効果が凄い?! キムチ

納豆とキムチは、美容食材としてとっても優秀なのはご存知かもしれませんが、

この二つ、実は混ぜることで更なる最強の食べ物に変身するんです!

混ぜ方にはちょっとコツがあるので、効果とともにご紹介します!


納豆キムチ効果.jpg


納豆…ビタミンB2、酵素(ナットウキナーゼ)、たんぱく質、食物繊維、ビタミンK2など

→ビタミンB2は代謝を高め、脂肪燃焼の効果が。ナットウキナーゼは血栓予防。血液をサラサラにしてくれます。ビタミンK2は聞きなれないかもしれませんが、カルシウムの結合に重要な役割を果たします。

骨粗鬆症の予防などに効果的です。


キムチ…カプサイシン、カリウム、マグネシウムなど

何といってもカプサイシン。こちらも脂肪燃焼に大事な成分です。

そしてミネラルを豊富に含んでいるのもキムチの特徴なのです・。




この二つを食べるときは、まず混ぜた後で1日置くのが最大のポイントです。

キムチも納豆もすでに生きた乳酸菌が入った食材ですが、混ぜて一晩置くことでこの乳酸菌の数がさらに増え、抗酸化作用が高まり、生活習慣病やガンなどの予防にもつながるんです。

もちろん、お肌やおなかの調子を整える効果も大なので、まさに最強食物です。

スーパーで簡単に、安く手に入るのもうれしいところですね。

是非、毎日の食事に取り入れてみてください。
posted by ゆかりん at 16:10| Comment(0) | ●美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。